▼ 賃貸や女性の方でも手軽に作れる脱走防止柵の作り方♪
dot_fff.jpg
▼ 里親になる前に、そしてもう里親になった方にも読んで欲しい、大切なお話です☆
dot_fff.jpg
アマゾンをご利用の方へ。Amazon欲しいものリストを作りました dot_fff.jpg

2017年10月12日

多頭飼育崩壊の子達の為に支援物資が届きました(最新分)

みなさまから沢山の励ましの御言葉と沢山の支援物資が届きました。
なんの縁もゆかりもない人達が、ツイッターを見ました、ブログを読みましたと、声を掛けてくださることに、驚くとともに、感謝の気持ちでいっぱいです

送っていただいた物資は、届いた日付順にこちらに掲載しています(開封の順番の関係で、掲載時期が前後する時があります)

掲載は、間違いないよう納品書の内容と突き合わせをして行っておりますが、Amazonからの配送の場合は、納品書が入っていなかったり、匿名だったり、ご配送されるケースもあるので、間違いなく掲載されているか、ご確認いただけましたら幸いです

物資の中には、要らなかったら捨ててくださいとメッセージを添えてある物もありましたが、全てが色んな形で役に立っています。何ひとつ無駄にする物はありませんでした。私達の力だけでは、助け出した猫ちゃん達に、ここまでの事をしてあげる事はできなかったと痛感しております。皆様からの支援に、心から御礼申し上げます。


2017/10/18現在:カリカリと手袋が届くと嬉しいです♪

未開封であれば、多少の賞味期限切れはです。自宅の猫ちゃんが食べなかった餌・砂・シーツがありましたら送っていただけると嬉しいです。種類は何でもです。
連絡先は、ねこねこ亭 nekonekotei@gmail.com まで、お尋ねください

※お返事を書いても、エラーでメールが返ってくる時があります。お問い合わせの際には、上記メールアドレスの受信を許可設定をお願い致します

10/16:東京都江東区の増田様より、カリカリフードと焼ささみが届きました
B281_2.JPG

10/14:東京都江戸川区の奥村様より、カリカリと色々なパウチが届きました
B279_2.JPG

10/5・10/11・10/12・10/15:東京都墨田区の西村様より、銀のスプーンのカリカリおやつとドでか無香空間と焼かつおとミャウミャウパウチが届きました
B273_3.JPG

B277_3.JPG

B278_2.JPG

B2280_2.JPG

10/8:東京都葛飾区の小西様より、色んな種類のパウチがてんこ盛り届きました
B276_2.JPG

10/8:O様より、ミルクとカリカリと缶詰とシャンプーとペットシーツとパウチなどなどを、直接、届けていただきました
B274_1.JPG

10/2・10/7:神奈川県横浜市の相沢様より、ペットシーツと焼ささみが届きました
B271_2.JPG

B275_2.JPG

10/3:しましまnails様より、デオトイレの砂が届きました
B272_2.JPG

10/2:Amazonから無記名で、デオトイレの砂が届きました
Amazon94.JPG

10/2:Amazonから無記名で、カリカリフードとドでか無香空間とパウチが届きました
Amazon93.JPG

10/2:Amazonから無記名で、ペットシーツが届きました
Amazon92.JPG

10/2:東京都葛飾区の清水様より、トイレセットとパウチなどの栄養食が届きました
B270_2.JPG

2017年09月30日

江戸川区:9/30多頭飼育崩壊した猫たちの譲渡会の結果報告

nekonekotei_kappa16.png

今回は、多頭飼育崩壊の猫ちゃんの中から、カッパーくん、ベーダーくん、ホワッツマイケルくん、ウェンディちゃん、慶太郎くん、風太郎くん、リザちゃんの7匹が参加した結果、残念ながら御申し込みはありませんでした大人の猫ちゃんだし、人馴れもしてませんが、また気軽に足を運んでいただきながら御検討いただけると嬉しいです

次回の譲渡会は、10月中旬頃に開催予定です
譲渡会以外の直接の御申込みも常時受け付けております(

クワヤマ様より焼かつおの差し入れを頂きました
J349.JPG

多頭飼育崩壊の子達の為に支援物資が届きました(9月分)

江戸川区で発生した多頭飼育崩壊の子達の為に届いた2017年9月分の支援物資を掲載しています

9/30:Amazonより無記名で、焼ささみが届きました
Amazon91.JPG

続きを読む

江戸川区:多頭飼育崩壊の子達を救うための支援用口座を作りました

ねこねこ亭の小さな命を守る会では、江戸川区で発生した猫の多頭飼育崩壊をきっかけに動物達の支援口座を用意しました。今までは、自費で捨てられた子達の保護や地域猫活動していましたが、通常の活動に加えて多頭飼育崩壊となると、自分達の力だけでは、どうしようもなく難しい現実があります。ほんの少しで構いません、みなさまの力を貸していただけたら嬉しいです。

長期化が予想されます。何卒よろしくお願い致します。

ゆうちょ銀行
【記号】10120
【番号】97690721
【名義】ねこねこ亭の小さな命を守る会

他の金融機関からのお振り込みの場合は、こちらを指定ください。
【店名】〇一八(ゼロイチハチ)
【店番】018
【預金種目】普通預金
【口座番号】9769072
【名義】ねこねこ亭の小さな命を守る会
三井住友銀行など一部の銀行にて(ヲ)を(オ)と入力する必要があります。その場合は、「ネコネコテイノチイサナイノチオマモルカイ」と入力くださいませ。

通常の猫の保護・里親探し、地域猫活動(不妊手術の実施、餌やり、トイレ場所の清掃など)は、今まで通り、自費で活動します。

支援金は、以下のような用途に使います。

・医療費
・餌代
・猫砂、ペットシーツ代、玩具購入費など
・備品購入費(手袋、ビニール袋など)
・御提供いただいた空家の電気代など

続きを読む

2017年09月20日

【見つかりました!】東京都葛飾区:脱走したルナちゃん

2017年9月20日の夜、ルナちゃん無事に捕まえる事ができました

9月17日に、脱走した場所から150mくらい離れた場所にあるオウチの縁の下で発見。縁の下は、とても狭くて、人が入る事ができません。真っ暗で、人の手が届かない9m程先にいました。出口付近をダンボールで塞いで捕獲器を仕掛けるも、別の場所へ逃走。翌々日、また縁の下で発見。捕獲器を仕掛け無事に捕獲となりました。

飼い主さんは、心配で眠ることすらままならず、一生懸命に探されました。今回は、無事に発見することが出来ましたが、脱走した時の精神的疲労や御近所さんへの配慮などを考えると、普段から脱走防止対策をしておく方が、何倍も楽です。どうか、猫を飼っている皆さん、今一度、脱走対策を見直してみてくださいね。


ねこねこ亭へ問い合わせがあった迷子猫ちゃんです

飼い主さんが、警察・愛護センター・清掃会社・道路保安、迷子掲示板、付近へのポスター貼りなどをして、一生懸命さがしていらっしゃいます。

脱走した日:2017年8月25日の明け方(8月27日近所で目撃)
場所:東京都葛飾区
※脱走した原因が野良猫との喧嘩なので、追いかけられて遠くに移動している可能性もあります。
名前:ルナちゃん
性別:メス(不妊手術済み)
種類:白黒猫のハチワレ
年齢:7才
体重:7キロぐらい。但し、脱走後に、痩せている可能性あり。

maigo_runa1.jpg

特徴:尻尾は、5cmくらいの長さで、座ると見えません。
   水色の首輪で、柴又帝釈天のお守りが付いています。
   首輪は外れている可能性もあります!

maigo_runa2.jpg
写真右の猫です
maigo_runa3.jpg

2017年09月04日

【里親さん決まりました♪】神社で保護した「お宮ちゃん」

9月9日ご報告
里親募集の掲載をしたばかりですが・・・お宮ちゃんは、9月11日に退院して、その足で東京都のA様のオウチへ行く事が決まりました

9月6日の夜の事、もしかしたら神社で御世話していた猫ちゃん(きな子ちゃん)かもしれないと、問い合わせがありました。9日、入院している病院で待ち合わせをして、本当に探していた猫ちゃんか確認をしていただきました。私達が保護した同じくらいの時期から姿が見えなくなって、ずっと探していたそうです。

御世話している間も、何度も連れて帰って飼いたいなと思いつつも、近所の人達からも、とても可愛がられていた事などから決心がつかずいたところ、行方不明になってしまい心を痛めていたそうです。こうしてまた再会する事ができたのは、余程の御縁あってのことだろうと、里親になる事を決心されました。なにより、きな子ちゃんを可愛がっていた小学生の娘さんが、きな子ちゃんとの再会を一番よろこんでいらっしゃったそうです

神社の神様のお導きだったのかな
お宮ちゃんと再会できた今日は、娘さんの誕生日でもありました
みんなが幸せな気持ちになれた一日でした。

   後日談   
9月10日、不妊手術のために先生が麻酔をして、お腹の毛を剃ったところ・・・大きな手術痕がありましたそれも通常の不妊手術の痕の3倍程もある大きさで、ギザギザに切られた痕だったそうですあまりの下手さに吃驚です傷跡の場所から(誤飲してそれを探すために手術した痕の可能性も少しあるが)恐らく不妊手術をした痕だろうという事で、今回は開腹せずに、シャンプーと、マイクロチップと、爪切り、お口と耳のチェックなどをしていただき終了となりました。里親さんには、万が一、発情したら手術していないという事なので手術をしましょうと伝えました。

しかし何故こんな事が起こったのでしょう?

今回は、傷跡が消える前だったので、二重開腹を防ぐ事ができましたが、完全に手術痕が消えていた場合は、二重開腹するところでした。

・下手な医者が練習台にして耳カットせずにリリースした。
・どこかのボランティアが、里親募集するつもりで、下手な医者に手術を依頼し、その後、里親が決まり、里親が逃がしたか、捨てたか。

考えられる状況は色々ありますが、お宮ちゃんだけが真実を知るのみです


生後6ヶ月くらいの女の子です

8月25日の深夜、足を引きずりながら歩いている野良猫ちゃんを、江戸川区のとある神社で見つけました。深夜で真っ暗だったため、とりあえず保護をして、翌日の26日、動物病院へ連れていき、怪我の具合の診断と、不妊手術と耳カット(不妊手術が終わって地域猫となった目印)をお願いしたところ、先生から、後ろ足の怪我が酷いので、暫く入院させた方が良いと言われました左後ろ足の指の間を怪我していて、膿がたまって大きく足が腫上がっていました膿を出したら、大きな穴が開きました。

でも、もう保護場所がありません
2週間程の入院になるとの事だったので、里親募集するか、地域猫としてリリースするか、すごく考えましたが、里親募集することに決めました

8月26日、エイズ・白血病の血液検査をした結果は、どちらも陰性でした。但し、直前に感染していた場合を考慮すると、エイズが約2ヶ月、白血病が約1ヶ月の潜伏期間がありますので、1匹飼いをしていただくか、多頭飼いする場合は、2ヶ月後に再検査してキャリアでない事を確認した後、2匹目以降を考えていただけたらと思います

捕獲した直後のお宮ちゃん。普通は捕獲器で捕獲しますが、すごく馴れていたので、キャリーに入ってます。怪我している足から血が出ていたので、ペットシーツが赤くなってます。
omiya1.JPG

瞳の色は、薄いグリーンです。尻尾は長いシマシマです。9月3日の譲渡会でも、くつろいで眠ったり、初めて会った人からも、手からオヤツを食べる程の度胸のある猫ちゃんでした

生まれて初めてのエリザベスカラーも全く嫌がらずにつけてくれてます
omiya4.JPG

後日、神社にヒアリングに行きました。
近所の方々も、お参りに行くといつもいるので、声かけてたよ〜人懐っこいねと言っていましたが、神社で飼われている猫ちゃんではなくて、神社に捨てていかれた子ではないかという話でした。神社の周辺には、地域猫に餌をあげてくれる方がいるので、食べる物に不自由することなく、いままで生きてこられたんだと思います

看護師さんにも抱っこされる程の人馴れ猫ちゃんです
omiya2.JPG

怪我していた足は、処置をしていただいて腫れがひきました
omiya3.JPG

お宮ちゃんは、あと1週間くらい入院予定です。その間に、避妊手術(耳カットはしません)と、ワクチン接種と、爪切り、駆虫などを済ませて、マイクロチップを入れていただきます今、里親さんを募集している多頭飼育崩壊の猫達よりも、10倍くらい人馴れている猫ちゃんです初めての猫飼いさんも、一人暮らしの方も御申し込みです。

お宮ちゃんは、次回の譲渡会にも参加予定です。

譲渡に関しての条件・費用・手順など、こちらにまとめております。
お問い合わせ前に、必ずお読みくださいませ。
【譲渡に関しての条件・費用・手順について】
(上記から条件が読めない場合は、こちらのリンクからご確認ください。)
お問い合わせは、ねこねこ亭(nekonekotei@gmail.com)まで宜しくお願いします
お問い合わせの際には、上記メールアドレスからの受信を許可いただいた上で、メールの送信をお願い致します。

2017年09月03日

江戸川区:9/3多頭飼育崩壊した猫たちの譲渡会の結果報告

nekonekotei_kappa15.png

今回は、多頭飼育崩壊の猫ちゃんの中から、カッパーくん、ベーダーくん、ホワッツマイケルくん、ウェンディちゃん、慶太郎くん、風太郎くんの7匹と、臨時参加のお宮ちゃんが参加した結果、残念ながら御申し込みはありませんでした大人の猫ちゃんだし、人馴れもしてませんが、また気軽に足を運んでいただきながら御検討いただけると嬉しいです

次回の譲渡会は、9月末頃に開催予定です
譲渡会以外の直接の御申込みも常時受け付けております(

本日の譲渡会では、たくさんの差し入れをいただきました多頭飼育崩壊の猫たちは、室内から保護した数も、遺棄された数もとても多いので、どんな種類の物であっても、本当に有り難いです

匿名希望様より
J345.JPG

かげやま様より
J346.JPG

匿名希望様より
J348_1.JPG
J348_2.JPG

高木様より
J347.JPG

J344.JPG