賃貸や女性の方でも手軽に作れる脱走防止柵の作り方♪
dot_fff.jpg
里親になる前に、そしてもう里親になった方にも読んで欲しい、大切なお話です☆
dot_fff.jpg
2017/11/11:たまちゃんが sippo(シッポ)で特集されました♪
dot_fff.jpg
2017/11/24:かず&ピクシーくんが sippo(シッポ)で特集されました♪
dot_fff.jpg
2017/12/21:ナルちゃんが sippo(シッポ)で特集されました♪
dot_fff.jpg
2018/06/14:江戸川区で発生したミニチュアダックス多頭飼育崩壊について
dot_fff.jpg

2018年10月31日

多頭飼育崩壊の子達の為に支援物資が届きました(10月分)

江戸川区で発生した多頭飼育崩壊の子達の為に届いた2018年10月分の支援物資を掲載しています

10/31:東京都江戸川区の奥村様より、ちゅーるとパウチが届きました
B382_3.JPG
   
B382_4.JPG
      
続きを読む

2018年10月30日

麻呂くん:抜歯終了!でも異常行動?!


のその後。

10月29日、問題の右上の奥歯の抜歯と、歯石取りをしました
心臓の薬(肥大型心筋症)を飲んでいるので、麻酔は命がけと言われた麻呂くん
当日の朝、出勤する彼に、もしかするとこれが今生の別れになるかもしれないからと、しっかりお別れしてもらってからの出発となりました

DSC09669.jpg

続きを読む
by ねこねこ亭 at 18:42| Comment(0) | 我が家の猫ちゃん | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

【里親さん決定♪】(7)風太郎くん:男の子

3月17日からトライアル中だった風太郎くんが、東京都のH様ご夫婦に、10月21日正式譲渡となりましたぁ

実はH様は、同じ多頭飼育崩壊の家から保護した白玉ちゃん(今の名前は、三笠ちゃん)の里親さんになってくださった方です。なかなか里親が決まらない家族達の現状と、無償でお借りしていた空き家が老朽化で取り壊しになるという切迫した状況を知って、一時預かりを申し出てくださり、もし三笠ちゃんや、先住猫ちゃんの大和くんとの相性が問題なければ、そのまま里親になりますと、言ってくださったのです

正式譲渡の日、久しぶりに再会した風太郎くん
IMG_3298.jpg

続きを読む

2018年10月20日

麻呂くん:歯髄がでてました


マイケルくんの猫ドックのついでに(麻呂くん抜きで)先生に相談した件のその後・・・。

心臓の薬(肥大型心筋症)を飲んでいる状態での麻酔は「麻酔のリスクが高くなるよ」ということで、しばらく様子をみる事になり、セラプトfmを続けながら、噛まなくて良いようなパウチを多めにあげたりして様子をみていました。

すぐに症状は落ち着いてきて、もう大丈夫なのかな?と思っていたところ、17日に、血が混じったよだれが右の口からダラーそしてまた翌日には、元に戻るという。なんとも不安な状況で、単なる歯石の溜まりすぎの歯肉炎ではないのかもしれない?!と思い、病院へ行ってきました。

あーん
IMG_0961.jpg

続きを読む
by ねこねこ亭 at 16:19| Comment(0) | 我が家の猫ちゃん | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

ちび太ちゃんの抜歯が終わりました

みなさん覚えていますか?

2015年9月16日の夜から17日にかけて、遺棄された4匹の事を。
この子達も江戸川区で発生した多頭飼育崩壊の家族です。
不妊手術の為に保護しましたが、下痢が酷くて、すぐには手術できない状態でした。

この頃、私たちはまだ崩壊現場を知りませんでした。手術をしてもしても増え続ける謎の茶トラ猫たちそれら茶トラの猫たちが、どこからやってくるのか突き止める事ができたのは、2016年2月末の事でした。

150917_2257~01.jpg

目が光っている子は、イケメンくん。2017年8月26日、突然呼吸困難となり、動物病院で息を引き取りました。今は、回向院にいます。
左下の子は、ルークくん。2015年12月18日の朝、交通事故にあって後ろ足を切断して3本足となりました。現在は、ルーク・トライフォース・スカイウォーカーくんとして我が家の一員となりました。
右上の富士額の女の子が、ちび太ちゃん。片手に乗るほどの大きさでした。
一番下の全身茶色の子が、ちゃーくん。少し目が白濁してきました。
   
続きを読む

2018年10月10日

江戸川区多頭飼育崩壊:健康状態について(マイケルくん)

マイケルくんの猫ドックに行ってきました。

緊張で超変な顔に写ってたなんだかプーチンに似てる・・・
DSC09528.jpg

続きを読む

麻呂くん:口の中が?!でも麻酔は危険

麻呂くんが、先週の水曜日、極小粒のカリカリおやつを食べた後から、舌を出しっ放しにしたり、よだれを垂らしっぱなしにしたり、噛み合わせに違和感があるのか、顎をガクガクさせたり、半分だけあくびをしてみたり、兎に角、口の中が痛そうにするので、どうしたものかと毎日の心臓のお薬にセラプトfm(粉タイプ)を混ぜて様子をみていたのですが、4日程経過した頃に、いつもの麻呂くんに戻っていました。セラプトfmの効果なのかは、よくわかりません

口の中が変だと訴えながらも、食い意地は張っていた
201810101.png

続きを読む
by ねこねこ亭 at 23:30| Comment(0) | 我が家の猫ちゃん | 更新情報をチェックする