2017年04月05日

【トライアル中】苛性ソーダで大火傷の『たまちゃん』

前回の面会から12日が経過、ボラミちゃんが面会に行ってきました

『来るのが遅いぞ!』と、たまちゃんごめんよー
IMG_5022.jpg

相変わらずのデレデレにゃん♪会いにいくと、とっても喜んでくれます
IMG_5018.jpg

ボラミちゃんたまちゃんとチュー
20170406151319.jpg

もういつでも退院していいよと言われたたまちゃんあれこれと忙しすぎて、転居先の準備ができておらず、まだ退院できてませんですが、近々退院予定です。

家族になってくれる方向けに、現状を書いておきたいと思います

お薬は、塗り薬も含め、終了になりました。あとは、自然治癒で大丈夫とのことです。皮膚の洗浄も、しなくてよくなりました。

エリザベスカラー
まだ皮膚が薄いところがあって、激しく舐めると治りに影響がでるので、もう暫くエリザベスカラーはつけておいた方がいいそうです。あと1週間くらいかな

トイレは、まだ入院中なのでペットシーツでしています。退院したら、システムトイレに移行予定です。スーパー軟膏を塗っている状態だと砂がくっついちゃうので、どうかなーと心配していたけれど、軟膏が終わった事と、皮膚の状態もタダレた状態でなく、サラサラ状態に変わったので、砂が使えるようになりました。

お尻と足には、ポヨポヨした毛が生えてきました
全てがフサフサになるかどうかは分からないけれど、新しい皮膚が、これから少しずつ再生していくので、1年くらいかけて、元の毛並みになる感じかな今は、ヒョウ柄みたいに斑になっているけれど、命が助かって、足も切断しなくて良かっただけでも奇跡だからたとえ毛がない場所があったとしても、たまちゃんの個性として受け入れてくださるような里親さんを待っています

IMG_5019.jpg IMG_5020.jpg

退院して、約1ヶ月後に最後の検診予定です。6月頃には、トライアル開始できると思います。

2017年03月24日

【トライアル中】苛性ソーダで大火傷の『たまちゃん』

今日は、ボラミちゃんと、たまちゃんに御飯をあげてくれていた近所のお婆ちゃんが会いに行きました先生から少しだけ話しがあって、予想していた以上に治りが早いので、そろそろ退院の準備をしてくださいと言われたそうです

退院後は、毎日軟膏をつけてあげて、治癒を待ちます。
軟膏を舐めたり、傷口を舐めたりはなので、エリザベスカラーは付けたままです。
トイレは、砂が軟膏にくっついちゃうので、ペットシーツを敷いての御世話になります。トイレで汚れた場所は、軽く拭いたり洗ってあげたりになると思います。

軟膏とエリザベスカラーが不要になったら、多頭飼育崩壊の子達を保護している空家(たまちゃんは、崩壊の子達と血が繫がった家族です)に移動する予定です

IMG_4937.JPG

すっごく馴れている甘えん坊な猫ちゃんなので、譲渡会にも参加予定ですが、事前の御見合い予約も受け付けております

2017年03月22日

【トライアル中】苛性ソーダで大火傷の『たまちゃん』

たまちゃん、12日ぶりの面会に行ってきました
なかなか会いに行けなくてごめん

『やっときたな!』と、たまちゃん凛々しくお出迎え
DSC04031.jpg

まずは、鼻つんで御挨拶
DSC04032.jpg

『お願いがあります!』と、たまちゃん。なにかなー?
DSC04030.jpg

『痒いけど、掻けない場所をカキカキして欲しい』のお願いでした(笑)
DSC04044.jpg

怪我の具合はどう?おお!!!
DSC04037.jpg

火傷の傷は、さらにすごく良くなってて、ぽよぽよ毛も生えてきてました酷かったかかとの部分は、さすがにまだ真っ赤だけど、他の火傷の部分は、ピンク色も薄くなって、皮膚の再生が進んでます

すごいね!たまちゃん!あと、もうちょっとだよ!
DSC04041.jpg

今日は、動画を撮影してきました私が、お願いをきいて、耳の中とか首回りとかをカキカキしてあげてるところです♪耳の中は、親指を曲げて関節のところでカキカキしてあげると、耳の中を傷つけなくて、適度に穴の中にも入って、気持ちいいみたい


久しぶりの再会にも、たまちゃんゴロゴロ喉を鳴らして喜んでくれて、じゃあねーまたくるねーと帰ろうとすると、足をモミモミして嬉しそうにするので、何度も扉を閉めたり、開けたりして、またなでなで。後ろ髪ひかれる思いで帰ってきました

たまちゃんは、まだ入院が続きますが、元気になって退院できた時、家族として迎えていただける里親さんを待っています♪事前の御見合い予約も受け付けております

2017年03月10日

【トライアル中】苛性ソーダで大火傷の『たまちゃん』

たまちゃん、11日ぶりの面会に行ってきました
どうですかー?ものすごく良くなっていると思いませんかぁ
かかとの赤い部分が、うっかり何かに当たってしまったりすると、薄くなっている皮膚が破れて骨が出ちゃいそうなので注意が必要だけれど、このまま上手く行けば皮膚移植なしでも大丈夫そうだよと、先生から話がありました。抗生物質などの投薬は、もう終わっているそうです。

カチンコチンになってた皮膚が全部取れて、
赤い部分も以前と比べて範囲が小さくなっていました
IMG_4865.jpg

たまちゃんの好みは、カリカリとクリスピーキッスと焼ささみです
歩いたり、排泄も全く問題ないので、皮膚が完治したら御見合いオッケーです

IMG_4861.jpg

たまちゃんは、まだ入院が続きますが、元気になって退院できた時、家族として迎えていただける里親さんを待っています♪事前の御見合い予約も受け付けております

たまちゃん
たまちゃんの記事を読んでくださった方から、たまちゃんの治療費にあててくださいと、御寄付がありました。多頭飼育崩壊の子達用の口座に入金がありましたので、たまちゃんにと御連絡があった金額の分だけ、手術費・治療費・入院費に使いたいと思います。

たまちゃんに掛かる医療費等は、通常の活動の一環として、御飯をあげてくれていたお婆ちゃん他、みんなで出し合おうねと保護をしたので、予想外の御寄付に吃驚しつつも、とても有り難い思いで一杯です

  02/07 マスダ様:10,000円
  02/10 タカベ様:10,000円
  02/13 小西様:5,000円
  03/03 匿名でいただきました:30,000円

2017年02月27日

【トライアル中】苛性ソーダで大火傷の『たまちゃん』

毎日バタバタですが、そんな日常の中でも『たまちゃん』の事を忘れる事はありません。でも、なかなか御見舞いにいく時間と体力がなくて今日やっと会いにいく事ができました。

10日ぶりのたまちゃん。夜になると、すごく良く食べているそうですカリカリ以外にも、いろんなオヤツを持って行ってます。エリザベスカラーを外すと傷を舐めてしまうので、まだ取ってあげる事ができません。耳とかカキカキしたいだろうなーっと思って、耳の中とか周囲をカキカキしてあげたら、気持ちいい♪って、後ろ足がピクピク動いていました

DSC03737.jpg

ググー喉を鳴らして喜んでくれたので、クリスピーキッスをあげたら、手から3袋食べました

苛性ソーダで、カチカチになった皮膚が少しずつ剥がれていきました。先生の話では、想定通りだそうです。今は、スーパー軟膏と抗生物質などの薬が処方されています。もう少ししたら、背中の健康な皮膚を壊死が酷い部分に移植する『皮弁』という皮膚移植をする事になるそうです。手術は大変だけど、たまちゃんの痛みが早くなくなる選択肢のひとつとなります。
DSC03741.jpg

たまちゃんは、すごく頑張り屋さんですそんなたまちゃんの事を、心から愛してくれる、優しい里親さんを待っています♪
これまでのたまちゃんと募集詳細については、こちらから(

2017年02月17日

【トライアル中】苛性ソーダで大火傷の『たまちゃん』

今日も、たまちゃんにも会ってきました

会いにいくと、にゃーにゃーと鳴きまくってた『たまちゃん』
なでなですると、鳴き止みます。
多頭飼育崩壊の子達と血の繋がりがあるので、目元が、みんなと良く似てます
崩壊した一家は、3本足になったルークくんも含め、苦労する子が多すぎですよ

IMG_0134.jpg

今日は、院長先生に会って話を聞いてきました。
先生の話では、最初の3日間、あらゆる処置をしてみたら、痛みが緩和されたようで、良く鳴くようになって、良く食べるようになったとの事でした。とても元気が出て来たので、もう安楽死とか、足の切断とか、心配しなくて良いよと言われました

IMG_0132.jpg

一番酷かった下半身。少し剥がれてきている部分があるのが分かるかな?
赤く見えるのは、剥がれた箇所です。

IMG_0133.jpg

自然に皮膚が剥がれてくるので、4日に1回くらい、剥がれて邪魔になっている部分を切り取るのを繰り返すんだそうです。想像していた以上に経過が良いみたいこのまま良くなっていけば、皮膚移植の必要もないかも?そうなってくれたらいいなと思ってます左目の上の抜糸も終わっていました

IMG_0130.jpg

たまちゃんは、すごく甘えん坊さんで、良い子ですたまちゃんが、どんな姿になったとしても、ありのままの姿を愛してくれる、優しい里親さんを待っています♪
これまでのたまちゃんと募集詳細については、こちらから(

2017年02月16日

【トライアル中】苛性ソーダで大火傷の『たまちゃん』

一昨日の夜9時半過ぎ・・・

たまちゃんが入院している病院から電話がありました。

ま・・・まさか・・・よぎる最悪の事態・・・

震える手で電話にでると・・・

看護師さんから『たまちゃんのご飯を持って来てくださぁ〜い!すごくよく食べます。なんでも食べます。ご飯が足りませ〜ん!』という内容でした

入院の時は、ご飯持参が決まりなのですが、安楽死とかそういうレベルだったので、まさか食べれるようになるだなんて思ってもなく、ご飯持って行ってませんでした。波はあるけれど、よく食べるようになったそうです

ということで、今日、たまちゃんに届いた支援物資(ご飯とかオヤツとか届きました→)などなどを持って病院へ行きました。たまちゃんに御飯をあげてくれていた近所のお婆ちゃんも御見舞いに行きたいとの事で、一緒に行きました。

今日のたまちゃんです。内臓に損傷はなくて、苛性ソーダを飲んではいなかったそう。排泄も今のところ問題なくできているそうです。損傷のあった箇所はバリカンされたので剝き出しになりました。

IMG_4757.jpg

顔を知ってるお婆ちゃんに会えたからか、とても良く鳴きました!お婆ちゃんが、泣きながらナデナデしてあげると、嬉しそうにゴロゴロ喉を鳴らしていました
IMG_4758.jpg

これまでのたまちゃんと募集詳細については、こちらから(