2017年07月02日

【トライアル予約】苛性ソーダで大火傷の『たまちゃん』

7/2ご報告:たまちゃんは、トライアル予約が入りましたので、以降のお問い合わせにつきましては、トライアル結果をお待ちいただくことになります。

6/14〜6/27まで、トライアル中だった『たまちゃん』が、諸事情によりトライアルを終了となりました。応援してくださったみなさま、また里親募集を再開しますので、どうぞ宜しくです

トライアルから戻ってきた『たまちゃん』
IMG_5893.JPG

たまちゃん、トライアル前に一時預かりをお願いいていたオウチに戻ってきました。ただいまー!って感じで、すぐにくつろいでいました

image1.JPG

トライアルの条件
たまちゃんは、とても甘えん坊な猫ちゃんで、夜も、お布団で一緒に寝るのが大好きな子ですなので、一緒に寝てくれる里親さんを探しています

ただ、トライアル開始をしてすぐは、夜鳴きをすると思います結構、大きな声で『わぉ〜ん!』と鳴きます移動距離が長かったり、初めてのオウチで、知らない人しかいない環境で感じる不安は、人間の小さな子供が、突然、親から引き離されて、知らないオウチに連れて行かれ『今日から、ここで暮らしなさい。』と言われた時の不安や夜泣きと同じものです夜鳴きが治まるまでは、寝不足が続くと思います。子供をあやすのと同じように、抱っこしたり、お話をしてあげたりして、たまちゃんとの信頼関係を築いていってください

くっついて離れません
IMG_5905.JPG

これまでのたまちゃんと募集詳細については、こちらから(
体の大部分に大火傷をして、奇跡的に助かった『たまちゃん』です。募集条件や費用などの記載もしております。これまでの治療の経過など、よく読んだ上で、お申込みをお願いいたします

2017年06月14日

【トライアル予約】苛性ソーダで大火傷の『たまちゃん』

一人暮らしの預かりさん宅では、お友達の間で大人気になって、ちやほやされっぱなしの『たまちゃん』。特に、女の人が大好きで、女の人が来るとデレデレなんだとか人間だったら、あちこちに彼女つくちゃうタイプですかね

預かりさん宅でくつろぐたまちゃん
IMG_5541.JPG

コスプレたまちゃん
image1.JPG

一番酷かった左後ろ足も、ここまで回復しました。
DSC05043.jpg

玉袋は火傷した時に溶けてなくなってしまったのでありません。肛門も溶けたので、シワが少なくなりました。オシッコがでる部分も少し溶けたので、位置が右側にずれています。すこし変な見た目になりました。それでも、排便・排尿です。生命力ってすごいよね
DSC05045.jpg

2017年05月23日

【トライアル予約】苛性ソーダで大火傷の『たまちゃん』

『たまちゃん』は、只今、一時預かりさん宅にて過ごしています預かりさんは一人暮らしの男性ですが、他に猫もいないし、一日中、たまちゃんに構ってくれるという好条件だったので、さぞかし『たまちゃん』も満足するだろうと思っていたら、なんだか御不満だったらしく、不満不満と夜鳴きが止りませんでした

ま、なんだかんだとやりつつも、どうしたものかと悩んで・・・

前回の譲渡会の後、1日だけ預かりさんが不在だったので、ボラミちゃん宅に置いてみる事になりました。でもボラミちゃん宅には、たくさんの保護猫ちゃんがいて、たまちゃん的には、自分が一番でないという待遇の悪さが嫌だったらしくこれなら、まだ預かりさん宅の方が待遇が良かったと、戻った後は、態度を改め、仲良くなったそうです

ぶっちゃけ、ただの女好きなオッサンだったということですな
201705221.JPG

さてさて、たまちゃんの怪我の具合は、今、こんな感じです。
酷かったかかとの方も、ここまで治ってきました
201705226.JPG

毛が生えてきてトラトラ模様もくっきりしてきました
201705222.JPG

以前していたピンクのエリザベスカラーは、齧ってしまって壊れたので、黄色のエリザベスカラーに変わりました
201705225.JPG

見ている時だけ、カラーを外して毛繕いをさせてあげてます
201705224.JPG

たまちゃんは、じゃれ猫ブンブンが大好き
くるくる回るたまちゃんの様子です

2017年05月01日

【トライアル予約】苛性ソーダで大火傷の『たまちゃん』

4月8日に退院してから空家で暮らしていた『たまちゃん』ですが、本日、一時預かりさん宅にお引越しをしました

『たまちゃん』は、100匹に1匹の逸材ではないか!と思う程に、可愛くて賢い猫ちゃんだったので、空家からいなくなるのは、ちょっぴり寂しいです
が!まだまだ触ることすらできない崩壊にゃんが、たんまり残っていますからそんなこと言ってられませんね

たまちゃんの可愛さは、最強だと思うのだっ
DSC04126.jpg

退院の時、看護師さんに『ご飯タイムとか、お掃除タイムとか、時間で覚えてて、賢い子でしたよ。』と言われていた『たまちゃん』。確かに、空家での生活も、私とボラミちゃんで、来る時間や帰る時間が、違う事などなど覚えていましたこんなにも賢い子なのに、なんで工場なんかに入り込んだんだろう

かかとの傷が治るまでは、まだ時間がかかりそうです。
DSC04266.jpg

空家のみんなとも仲良しでしたというか、変なアイテムを首につけてるので、みんな手を出さなかったという感じでした
DSC04169.jpg

焼ささみは、直接食べるのが一番うまい!そうです(笑)
DSC04138.jpg

ティファニーくんとカッパーくんが横取りしようとやってきました
DSC04141.jpg

ピノキオくんにも横取りされそうです
DSC04151.jpg

たまちゃん応戦!
DSC04161.jpg

カッパーくんに食べられちゃいました
DSC04162.jpg

預かりさん宅に引越しが終わった『たまちゃん』。ちょっぴり緊張した顔をしています。ベッドの上で、預かりさんとにらめっこ今日から、初めての本格的なオウチ生活が始まります
IMG_5191.JPG

たまちゃんは、傷が完治するまで、預かりさん宅で過ごしながら、トライアル先を探しますトライアル開始時期は、エリザベスカラーが取れてからとなります。

2017年04月23日

【トライアル予約】苛性ソーダで大火傷の『たまちゃん』

空家に来た頃は、ちゅーるの味を知らなかった『たまちゃん』も、今では、ちゅーる好きみんなが美味しそうに食べているのを見て、自分も食べてみたら美味しかったという、食わず嫌いだったオチでした(笑)
SN3J0249.jpg

お膝に抱っこされた『たまちゃん』。只今、6時間連続抱っこ記録あり。おそらく24時間だって抱っこできるのでは?!と思える程の抱っこ好きです昨日は、赤ちゃんを抱っこする時みたいに、お腹を上にして、ゆらゆら体を揺らしてあやしてあげたら、相当嬉しかったみたいで、そのまま1時間の赤ちゃん抱っこ抱っこしている間は、ゴロゴロ喉を鳴らしっぱなし。こりゃ、とんでもない甘えん坊ニャンですよっ
SN3J0243.jpg

とはいえ、お掃除中は、大人しくケージの中で待ってもらっています。早く終わらないかなぁ〜って、お掃除の様子をみている『たまちゃん』です。
SN3J0238.jpg

みんなが使っていたガリガリサークルも、すっかり今では自分のもの
SN3J0310.jpg

こっちは、ガリガリベッド。ケージの外に出すと、一番にここで爪を研いでいます
SN3J0307.jpg

かかとはこんな感じで、3〜4日に1回、カサブタが取れては出来ての繰り返しをしています。エリザベスカラーを外すと、すぐに舐めようとしますでも、ザラザラした舌で舐めると、やっと薄くできた皮膚も赤くなっちゃうので、まだまだエリザベスカラーは必要です
SN3J0303.jpg

2017年04月14日

【トライアル予約】苛性ソーダで大火傷の『たまちゃん』

空家で待っている『たまちゃん』のために、大急ぎで家事をこなし、午前中に空家へ出発とはいえ、家から一時間かかるので、たまちゃん待ちくたびれです空家に着くと、大きな声で鳴いて甘えてくるので、とっても可愛いです

SN3J0223.jpg

膝の上にのって眠るのが大好きになった『たまちゃん』
SN3J0197.jpg

夜までずっとこんな感じで甘えています
SN3J0202.jpg

ケージに入れて帰ろうとするとケージの中からニャー♪と甘えてきます。その声に負けて、またケージを開けて膝に抱っこして・・・を繰り返してると、空家から帰れないというたまちゃんトラップから逃れるには、相当な精神力が必要です
SN3J0207.jpg

左太股の様子
SN3J0218.jpg

右後ろ足のかかとは、薄い皮ができました
SN3J0204.jpg

左後ろ足のかかとは、カサブタが取れては出来てを繰り返してる途中です
SN3J0217.jpg

左後ろ足のかかとから、昨日取れたカサブタです(大きくて吃驚!)
SN3J0226.jpg

今日のたまちゃんの様子を(ガラケーで)撮影してきました。見ている時は、エリザベスカラーを取ってあげてます。ちゃんと見てないと傷の部分を舐めてしまうので、つけたり外したりしてるけど、エリザベスカラーは特に嫌ではないみたい。それよりも、一緒にいたいと鳴いてオネダリしてきます


たまちゃんの他に、けいくんとピノキオくんも写っています。流れている曲は、2015年公開のディズニー実写映画「シンデレラ Cinderella」の中で使われていた、イギリス民謡『Lavender's Blue』です

2017年04月10日

【トライアル予約】苛性ソーダで大火傷の『たまちゃん』

昨日、今日と、たまちゃんの様子などを観察するために、いつもより空家に長く滞在して、感染症予防のために、掃除も念入りにしています

8日の夕方から空家生活がスタート。
心配していたトイレですが、なんと100均の水切りカゴで作った簡易システムトイレでシッシしてありました生まれて初めてのトイレ、誰も教えてもいないのに、ちゃんと使えたたまちゃんは、もうめちゃ賢い9日ははなかったけれど、10日は、もしてありましたということで、子猫用のシステムトイレに入れ替えてみました。左側に見えるのがトイレです。

SN3J0173.jpg

エリザベスカラーをつけているので、お皿は高さがあった方がいいみたい。2つの皿を重ねて高さを出してます。入れているのは、焼ささ6本と、ちゅーる2本、キャラットミックスです。野良猫ちゃん時代に食べていたのは、ジャンク系のカリカリだったみたいで、これが好み。でも、やっぱり体に良いフードが良いので、食事の量が安定してきたら、少しずつ良質なフードに変えていく予定です

お昼はあまり活動しなくて、夜に食べたり、トイレしています。
SN3J0168.jpg

袋から直接食べる方が美味みたい(笑)
SN3J0169.jpg

左側の太股部分。とても痛々しいけれど、たまちゃんが頑張った証です
SN3J0136.jpg

肛門も含めて全部火傷の状態だったけれど、ここまで復活しました
去勢手術した後に残るタマの袋はなくなりました
肛門と尿道は残っているので排泄に問題はありません。
SN3J0155.jpg SN3J0156.jpg

2ヶ月以上、エリザベスカラーがついたままで、スーパー軟膏を塗られていたので、ベタベタ&汚れてます綺麗好きな猫さんだから、綺麗にしたいだろうなーと思って、ノンアルコールのペット用のウェットティッシュで、拭き拭きしながら、ブラッシングをしてあげました。抜け毛も相当取れて、だいぶ綺麗になりました途中、自分で舐めているつもりになるのか、舐める仕草をしたり、万歳ポーズをして脇の下もして♪とオネダリ。可愛いのなんのって
SN3J0142.jpg

お膝に乗るかなー?と思って『おいでーおいでー』と言ってみたら、遠慮がちにやってきました。『遠慮しなくていいんだよー』と近くに寄せてあげると、股の間が温かくて気持ちよかったのか、何時間も股の間で眠っていましたエリザベスカラーが外れたら、お膝猫になりそうな予感
SN3J0159.jpg

床はコンクリで冷たいので、12cm程の高さがある高反発クッションを広げて座ってます。本当は少しお昼寝しようと思ったんだけど、これじゃ動けない
SN3J0161.jpg

寝てる間もゴロゴロ喉を鳴らして嬉しそうです
SN3J0167.jpg

たまちゃん、幸せかな?
SN3J0165.jpg

可愛過ぎて帰るに帰れない
夜になって帰る時間になると、名残惜しそうにケージに戻って眠っていました
SN3J0125.jpg