2017年06月06日

【祝☆正式譲渡】まきまきちゃんとライムくん

まきまきちゃんとライムくんが、ふたり一緒に東京都のK様ご夫婦に6月4日正式譲渡となりました1/22開催の譲渡会で、御申し込みをいただきました。K様は、その前の譲渡会にも足を運んでくださり、じっくり考えた上で、2匹の里親さんになる事を決心していただきました

まきまきちゃんの新しい名前は、『あん♪あん♪』とよく返事をするところから、杏ちゃんになりましたライムくんは、旦那様が大好きなF1のスター選手からとって、ニコくんになりました杏ちゃんは、2/5から、ニコくんは、3/19からトライアルを開始していただきました

杏ちゃんトライアル開始の日
K様ご夫婦とボラミちゃんとで記念写真を撮りました
20170605010947.jpg

続きを読む

2017年01月17日

【募集終了】まきまきちゃん最後の検診に行きました♪

6月4日正式譲渡となりました。詳しい報告は、もう少々お待ちくださいませ。

まきまきちゃんは、1月22日開催の譲渡会で、里親申込がありましたので、以降のお問い合わせに関しましては、トライアル結果を御待ちいただくことになります。1月30日現在の体重は、3.8Kgでした2月5日からトライアル中です。

まきまきちゃん、本日最後の検診に行ってきました
10月1日に骨折の手術をしてから、約3ヶ月半が経過しました。

手術してプレートを挿入した方の骨は、完全にくっつきました

手術した子によっては、プレートが入る事によって、骨の成長が悪くなり、骨が細いままになっちゃう子もいるそうですが、まきまきちゃんは、骨自体が順調に太くなって治癒しているから、全く心配ないそうです仮骨も、あちこちに出来てきて、くっついてきている様子がわかります

201701171.jpg

角度を変えて撮影したレントゲン写真
201701172.jpg

こちらは手術直後のレントゲン写真です。上の写真と比較して見てね
DSC01593.jpg

写真を比較して見ると、宙ぶらりんだった骨がくっついてきて、薄い影の部分(仮骨)が出来て来ているのがわかります。仮骨が成長していくと、白く写る部分が増えていくので、骨が太く写るようになります。私も肋骨を3本骨折した事がありますが、折れた部分が治っていく過程で、そこだけボタンをくっつけたように、ポッコリ写っていました。

それと、手首が変なところで曲がっちゃうように見えるのは、腱が切れてしまっているからだそうです。その箇所は、一生このままかも?しれないそうです

でも日常生活には、支障はなく、今日から、禁止されていたネズミの玩具遊びも解禁となりましたまきまきちゃん自身、もう痛みはないそうです
なによりも生きて行くには、痛みがないのが一番です

今日で、まきまきちゃんの診察は最後になります。あとは、日常生活を送ることで、毎日がリハビリとなります。今よりも、もっと骨もくっついて丈夫になっていきます。

そんな、まきまきちゃんの里親さん、募集中です
これまでのまきまきちゃんと募集詳細については、こちらから(

2016年11月21日

【募集終了】まきまきちゃん1ヶ月検診に行きました♪

まきまきちゃん、手術後の1ヶ月検診に行ってきました

手術で挿入した金属プレート&ボルトの経過は順調で、以前の写真と比べると分かり易いと思うけれど、仮骨が出来はじめてて、骨と骨の隙間が小さくなってきています

IMG_4293.jpg

前回、また骨折か?!と慌てて病院へ行った後、もう一度、病院へ行って言われてたのが、変な方向に曲がって見えるのは、腱が切れてしまっているか、傷ついているせいではないかという話でしたどんな風になるかというと、香箱座りする時に、内側に折り曲げる手の部分が、内側よりも、外側によく曲がっているので、変に見えるのです。

支えるべき腱が切れてては、そりゃ曲がる曲がるみたいな感じになっちゃうのも納得ですまきまきちゃん、大変な事故に巻き込まれていたんですね
よく助かった!
がんばった!
まきまきちゃんをひいたのは、どこのバカチンじゃ

これから骨が完全にくっついていくと、骨の支えがしっかりしてくるので、曲がり過ぎは治っていく可能性もあるそうです。

IMG_4295.jpg

また一ヶ月後に検診に行きます。時間は掛かると思うけれど、一生の時間で、少しずつ少しずつ良くなっていくものなので、神経質になりすぎず、ゆったりと見守っていただける方に里親さんになって欲しいです。

そんな、まきまきちゃんの里親さん、募集中です
これまでのまきまきちゃんと募集詳細については、こちらから(

2016年10月20日

【募集終了】まきまきちゃん(慌)再診行ってきました

昨日抜糸したばかりでしたが、ボラミちゃんから『手術した手が、何かおかしい!変なところで、変な方向に曲がってる!』と電話があって、緊急で・・・とはいえ、空家にいる多頭飼育崩壊にゃんず達の御世話もあるので、それらもろもろが終わってから一緒に病院へ行ってきました

これが疑惑の動画の一部を切り取ったもの。
丸で囲った部分は、骨折した前足なんだけど、確かに変な感じ?
makimaki20161020.png

待合室でのまきまきちゃん
DSC01859.jpg

プレートが折れた?!また骨折か?!と、病院へ連れて行きましたが、結果は何でもなかったです変なところで曲がっていたように感じたのは、手が1cm程短くなっているので、視覚的な錯覚だった事と、骨折した方の手の手首は、骨折の影響で、関節が柔らかくなっていて、健康な手以上に、くねっと曲がるようになってるんだそうです。

とは言え、猫じゃらしで遊んだり、窓やソファーに上ったり飛んだりして動き回り過ぎですと言われましたプレートで繫がってるとは言え、まだ骨同士は繫がってないので、トイレ&食事をするくらいの狭い範囲の平地で、歩く程度で過ごすようにと言われました保護した時から怪我とか物ともせず、元気すぎなんですよね

今日のレントゲン写真
DSC01861.jpg

それと、抜糸した部分を舐め過ぎているね(治りかけで痒いみたい)って事で、2週間効く抗生物質の注射と1日効く痒み止めの注射を打っていただきました。他に飲み薬を処方していただきましたが、まきまきちゃんは、薬をすごく嫌がる子で、あの手この手でやっても、吐き出してしまうので、できるだけ飲んでという感じさらに舐めないように、見てないところでは、エリザベスカラーをしておいた方がいいねと言われました。

診察台のまきまきちゃん
変な疑いかけられて、ふてくされてます
DSC01860.jpg

今日の体重は3.3Kg。我が家の猫は7Kgなので、うちのニャンズ達の半分ですよ

そんな、まきまきちゃんの里親さん、募集中です
これまでのまきまきちゃんと募集詳細については、こちらから(

2016年10月19日

【募集終了】まきまきちゃん抜糸しました♪

まきまきちゃん、本日、抜糸に行ってきました
血が滲んでるように見えるけれど、手術の時の拭き残りの血液で、今は、出血はありません。経過も順調とのことで、次回は、1ヶ月後に再診&レントゲンとなりました

IMG_4120.JPG

このレントゲンは、なすび色の包帯から、キュウリ色の包帯に巻き直した時に撮影したものです。手術後に撮影した写真(コレ)と比べると、離れていた骨が、随分くっついてきているのが分かりますね

(10月12日撮影)
IMG_4114.JPG

そんな、まきまきちゃんの里親さん、募集中です
これまでのまきまきちゃんと募集詳細については、こちらから(

2016年10月12日

【募集終了】まきまきちゃん包帯かわりました♪

まきまきちゃん、退院後はじめての包帯の交換に行ってきました
ナスビまきまきから、キュウリまきまきに、変わりましたぁ

20161013132513.jpg

手術前、便秘と下痢を交互に繰り返していましたが、手術後は、綺麗なが、定期的に出るようになりました。相変わらず、食はたしなむ程度で、小食です。見てないところでは、食べないです。

IMG_3843.jpg

もしかすると・・・
地域猫だった時代に、食べてる時、餌を奪おうとやってくる他の猫に襲われる事が多いので、人間がいる時(守ってもらえる時)にしか食べない癖ができたのかも?しれません。

IMG_4075.jpg

レントゲンを軽く照射して経過を診ていただきましたが、とても良好との事でした爪研ぎをする時は、両手を同時に出して、普通の猫ちゃんみたいにしています。1週間後に抜糸予定です

IMG_4078.jpg

今は、交代で誰かしら、まきまきちゃんと一緒にいてあげています。人見知りもなく、人間が大好きな猫ちゃんなので、留守番の時間が多いオウチよりも、留守が少ないオウチで、あれこれ構ってくれるような環境の方が、良いと思います。

IMG_4077.jpg

ふかふかお布団が、大変お気に召されたようです(笑)

IMG_4076.JPG

包帯の色が変わっただけなので、動き難さは同じです

IMG_4109.jpg

キュウリまきまきになっても退屈

IMG_4111.jpg

そんな、まきまきちゃんの里親さん、募集中です
これまでのまきまきちゃんと募集詳細については、こちらから(

2016年10月08日

【募集終了】まきまきちゃん退院しました♪

10月1日、まきまきちゃんの手術が、無事に終わり、本日退院となりました入院中、とっても良い子だったまきまきちゃん、スタッフさん達にも大人気で、みんなに可愛がられていたそうです

診察台のまきまきちゃん。紫色の包帯をして、なすびみたいですね
DSC01586.jpg

診察台で、先生からの説明を受けている間も、ゴロゴロ喉を鳴らして喜んでいました。入院中は、包帯の取替と投薬、退院後は、時々、包帯を取替に行って、抗生物質などのお薬を飲む感じになります

待合室で、手術代とか支払い待ちのまきまきちゃん
DSC01599.jpg

11日ぶりに帰宅リラックスしているまきまきちゃん
IMG_1008.JPG

ここからは、手術の話をしたいと思います。
入院した日にレントゲンを撮っていただきました。下がその写真です。

(9月27日撮影)
DSC01591.jpg

骨折した箇所の両側にもやっとした灰色の影みたいなものがあるのわかりますか?これは、仮骨(かこつ)と言われるもので、骨折してからかなりの時間が経った為、新しく骨ができかかってる様子です。でもこの仮骨は、不完全な骨なので、ジャンプした拍子などに、簡単に折れてしまうんだそうです。

先生が、説明の時、上手にたとえてくれたのですが、砂を水で固めて、固いボールが出来た!と思って、地面に投げると、バラバラになっちゃうのを想像してみると良いよと言われました。

手術は、この仮骨を取り除いて、折れている箇所の骨の両方を少しだけ削ってから、金属プレートで接合する方法を取りました。なので1cmくらい左足が短くなっています。普段の生活に影響はないそうです。我が家で一時預かりしているルークくんを見ても、3本足でも全く不自由してませんからね、人間が思うよりも、動物はたくましく生きていくものです

(手術後に撮影)
DSC01594.jpg

2本の骨が写ってますが、プレートで接続したのは1本だけです。外れたみたいになっている骨は、今後、周囲に吸収されるか、自然になくなるかだそうです。プレートは、このままになります。
DSC01593.jpg

これを見ただけでも、まきまきちゃん大手術をしたんだなーって、しみじみ思いますねよく頑張った!あとは経過をみつつ抜糸になります。1ヶ月くらいで完治となる予定なので、年内にはトライアル開始可能です。

そんな、まきまきちゃんの里親さん、募集中です
これまでのまきまきちゃんと募集詳細については、こちらから(