2013年06月23日

すずちゃんからのお便り〜☆

ねこねこ亭が、葛飾区に引っ越してきて初めて保護したのが、家の周りを子連れでウロウロしていた三毛三毛子(通称ミッケ)の子供達でした彼はまだ、生まれて一度もペットを飼ったことがなくて、『野良猫なんて放っておけばいんじゃない〜』という考えの頃。朝まで討論すること数日、やっと許してもらって保護した猫ちゃんが、そんなミッケの子供達でした。最初に『タマちゃん、すずちゃん』、それから半年遅れで『亀吉くん』。亀吉くんは、すずちゃんと一緒に保護しようとしたけれど、保護する時に、腕を噛まれて大怪我しちゃったので、泣く泣く保護するのを一時断念したという経緯があります。

そんな兄妹達も今では、すっかり大きくなって、それぞれのお家で幸せに暮らしています今日は、その中の『すずちゃん』からお便りが届いたので紹介したいと思います

K様からのお便り〜一部抜粋してお届けします。
はなどんはうちに来た頃より大分大きくなって、今は2匹共体重が5キロ前後あります。どんくんは5.5キロ。おなかも貫禄も出てきました。。。少しダイエットが必要かも...はなちゃんは相変わらずの臆病さんで、急に近くで物音がしたり動いたりするだけで、ビクっと飛び跳ねる程驚きますでもかなりの甘えっ子で、撫でてほしいと足元で長時間ウロウロスリスリ忙しくてなかなか相手をしてもらえないと思った時は、すぐ足元に座り込んで手が空くまで座り込んで待機で、撫で始めると『ナハー...』とかすれた声でなきますこれが無茶苦茶かわいいです撫でだすとパタンと横に倒れて右向いたり左向いたり。。。こうなると満足するまで長いんです~
とにかく甘えん坊さんです

写真左:どんくん(旧名:せいくん)写真右:はなちゃん(旧名:すずちゃん)
どんちゃん はなちゃん
どんくんは毎日ドタバタと元気に駆け回って、おなかが空いたり遊んでほしいと傍に来てニャンニャンなきます近づくだけで、バタンと倒れておなかを出して撫でてもらうのを待ってるんですよ~これがまた超カワイイあとははなちゃんを追いかけたり、急に飛び掛かったりと元気いっぱいです。でもはなちゃんは追いかけられて、結構迷惑そうにシャーシャー怒ったり逃げ回ったり。。。はなちゃんはペースを崩されるのがイヤそうで、どっちかと言えば一人でのんびりしていたいタイプかな静かで落ち着いた生活を望んでいる感じです(笑)
仲良しふたり
どんくんは周りを巻き込んでのマイペースなので、なかなか二匹すごく仲良し~…とはいきませんが、なんにせよ最終的にははなちゃんが譲ってあげるような感じでことが済みますたまにはなちゃんの毛がモサッとカーペットに付いていたりするので心配になるんですが、とりあえずはなちゃんがストレスを抱えすぎないよう、どんくんのジャンプ力の無さを利用してはなちゃんだけが行け(逃げ)る場所などを作ったりしてます元々はなちゃんの毛は結構抜けるし、本人(猫)たちは私たちが心配するほど気にしていなければいいんですけどね。そんな感じですが、それでもたまに並んで寝ていたりするのを見ると『大丈夫かな』ってホっとします☆あと寝起きに毛づくろいしてあげたりするのを見ると一安心かな。2匹とも大の人見知りで、いまだに玄関のチャイムが鳴っただけでもベッドの下に2匹とも引っ込んでしまいます。
白黒猫ちゃん 茶白猫ちゃん
写真は、引っ越し用のダンボールの上で気持ちよさそうに眠るはなちゃんと、ぎこちないどんくんです。組立前のものを10枚くらい束ねて立ててあるんですが、はなちゃんは器用に乗ってます。最近の超お気に入りで、厚みがなくなって乗れなくなるのが可哀そうで、なかなか荷造りができません(笑)ちなみにどんくんが乗るのはたまにですが、腹が垂れます

〜おまけ(2012年02月17日)のお便りの写真のふたり
葛飾区 里親募集

今回のK様からのお便りは、調布市から荒川区に引っ越すことになりました〜という報告を兼ねた御便りでしたぁ〜。はなちゃん達は、私達夫婦がボランティアを始めるきっかけになった兄妹なので、当時の苦労を思い出すと、本当に良くやったなぁ・・・って思い出す事が山ほどあります多分、はなちゃん達を保護せず、ママ猫のミッケちゃんを手術していなかったら、引っ越してきた当時のまま、家の周りは野良猫だらけ、子猫が生まれては、カラスに食べられる死体があちこちに転がっていて、発情する声に耳を塞ぎ、玄関やベランダへのマーキングの臭いに悩まされ続ける毎日だったと思います。そんな悩みから解放されて、今、穏やかに暮らせているのは、自分達で出来ることは何か、考えるきっかけを与えてくれた、すずちゃん達兄妹です

2011年12月09日

祝☆すずちゃん正式譲渡になりました~☆

201112072.jpg
すずちゃんは、11/6に日本獣医生命科学大学で開催された譲渡会にエントリーした結果、11/9からトライアルに入り、12/3夕方5時、正式譲渡となりましたそして『はなちゃん』という名前になりました。はなちゃんの名前の由来は、女の子らしい名前をつけてあげたかったこと、ハワイの『オハナ(家族)』という言葉が、初めてお迎えする猫ちゃんにぴったりだったからとのこと

201112071.jpg

そして、同じ譲渡会にエントリーしていた生後3ヶ月の『せいちゃん』も、すずちゃんと一緒にトライアルした結果、すずちゃんの相棒として一緒に正式譲渡となりましたせいちゃんは、『どんちゃん』という名前になりました。どんちゃんの名前の由来は、初めておもちゃで遊んでくれた時の“どんくさい”イメージと、我が家に慣れてからのイメージ“ドンチャン騒ぎ”からとのことです

ふたりとも、ぴったりな可愛い名前を付けていただき、本当にうれしいですっ譲渡会の日、たまたまエントリーしたケージがお隣同士だった2匹そこにいらしたK様ご夫婦に見染められたのが『はなちゃん』と『どんちゃん』でした。

201111100816s.jpgトライアルに行く日まで『はなちゃん』と『どんちゃん』は一緒のケージで顔合わせ。まだ幼いどんちゃんは、なぜだかわからないけれど、はなちゃんの上に乗っかって親亀子亀のようにして寝るのが大好き

はなちゃんはというと・・・う~ん重いですよ

写真は、お届けした翌日、寝起きの『はなちゃん』『どんちゃん』です~
『はなちゃん』は、とっても繊細な女の子。世の中の厳しさを知ったせいか、人一倍怖がりさんになっちゃったんだよね。ベットの下にご飯とお水まで用意してもらっちゃって『はなちゃん』それは、引きこもりってやつですよぉ
hana1.jpg hana2.jpg
『どんちゃん』は、お届けした初日から、元気いっぱいうれしくって、うれしくって、たまらないって感じ一方、『はなちゃん』は、いつまで経っても引きこもり生活継続中パパもママも心配な日々が続きました
hana3.jpgんっ?これはっ『はなちゃん』と『どんちゃん』のツーショット

お届けから3週間、この頃から『はなちゃん』と『どんちゃん』が一緒にくつろぐ姿を目にする機会が増えるようになりましたぁ

hana12.jpg

引きこもりがちだった『はなちゃん』の心を開いてくれたのは、なかなか心を開いてくれない『はなちゃん』のことを毎日、遠くからそっと見守ってくれていたパパなんだよね

『はなちゃん』は、ちゃんとわかってたんだ~だから、パパの事が大好きになっちゃいましたぁ

hana6.jpg

あ・・・でもやっぱり、ソファーの下が好きなのね

はなちゃん「ここは狭くて落ち着くの
どんちゃん「ふたりで内緒話してるだけだよ〜」

今日は、正式な譲渡契約の日。もう『はなちゃん』も、すっかりお家に馴染んだみたいぽかぽかヒーターとふかふか毛布に包まれて幸せにゃぁ~
hana7.jpg hana8.jpg hana9.jpg
心配していた『はなちゃん』も、今ではパパとママのそばで、ごろろ~ん
hana11.jpg hana16.jpg 
お布団で一緒に寝るのが大好きな『どんちゃん』
hana13.jpg hana14.jpg
お客様がくると一目散に洗濯機の下に隠れちゃうのは、きっと『僕達、もうどこにもいかないからねっ』って言ってるんだよね
hana18.jpg hana19.jpg

K様へ~
『はなちゃん』と『どんちゃん』を家族としてお迎えいただき、心からありがとうございますすっかり心を閉ざして無口だった『はなちゃん』が、ここまで気持ちを表に出せるようになったのは、まるで本当の我が子のように、深い愛で接していただいたからだと思っております。どうぞこれからも、ふたりのことを宜しくお願いいたします

2011年07月19日

【募集終了】3兄妹のタマ&すずちゃん☆

タマちゃんは、譲渡会会場で同席したボランティアさんが募集していた猫ちゃんと一緒にトライアルした結果、8/30に東京都西東京市のT様のお家に家族の一員として御迎えいただきました〜新しい名前は『のんちゃん』になりました
すずちゃんは、譲渡会会場で同席したボランティアさんが募集していた猫ちゃんと一緒にトライアルした結果、12/3に東京都調布市のK様ご夫婦に家族の一員として御迎えいただきました〜新しい名前は『はなちゃん』になりました

5月中旬頃に生まれた、3兄妹の猫ちゃんの猫ちゃんのうちの2匹兄弟です(もう一匹の兄妹は『亀吉くん』ですが、3匹一緒に保護が難しかったので、先行して2匹だけ保護することになった猫ちゃん達です。)

野良猫が産んだ猫ちゃんで、ママは三毛猫『三毛三毛子(通称ミッケ)』、パパはキジ白猫の『亀井静』です。周囲は、カラスがとても多く、子猫には、とても危険な地域なのですが、ママが毎日体を張って育てあげたようで、子猫は怪我ひとつなく、とっても元気でしたママは、避妊手術をして地域猫になりました。保護する時、ママ猫ちゃんに、すごく鳴かれたので『絶対幸せにするからね』と約束をして、子猫達をもらいました。なので、家族の一員として、大切にしていただける飼い主さんを探しています

(No.1)名前は、タマちゃん。白トラ猫の男の子です。7/6に保護しました。
玉のように可愛かったので、タマちゃんにしました〜写真は、保護して10分後のタマちゃんです。保護した時は、初めての人間と、ママから引き離されたショックでパニックでしたが、すぐに、こんな風に抱っこできるようになりました。今では、ケージのそばを通るだけで、遊んで~遊んで~と甘えてくるほどに人間に懐いていて、とっても可愛いです~目元が、ママにそっくりです。八割れだけど、お腹は白くて、茶色の長い尻尾が特徴です
sh3b0556.jpg

保護して30分後のタマちゃんですまだ少し怖いみたいで、腕に顔を押しつけながら、眠っていましたぁ背中の模様は、ところどころに茶色の大きな水玉が入っている感じです。可愛らしい感じに、出来上がっていますっ

sh3b0554.jpg

こちらは保護して1時間後のタマちゃんですスカートの中で、大きく伸び~をして熟睡していましたぁ抱っこや、なでなですると、ゴロゴロと嬉しそうに甘えてくる姿が、とっても愛らしいです

sh3b0558.jpg

(No.2)名前は、すずちゃん。白キジ猫の女の子です。7/15に保護しました。
宇宙人のような顔でごめんなさい保護したてのすずちゃんです。すずちゃんも目元が、ママにそっくりです尻尾は薄いキジ模様ですが、先端だけ白いのが特徴的です

sh3b0560.jpg sh3b0568.jpg

すずちゃんは、とっても大人しくて、一緒にいてあげるだけでも、ゴロゴロとのどを鳴らして喜んでくれる、心優しい猫ちゃんです

sh3b0569.jpg