2018年10月30日

麻呂くん:抜歯終了!でも異常行動?!


のその後。

10月29日、問題の右上の奥歯の抜歯と、歯石取りをしました
心臓の薬(肥大型心筋症)を飲んでいるので、麻酔は命がけと言われた麻呂くん
当日の朝、出勤する彼に、もしかするとこれが今生の別れになるかもしれないからと、しっかりお別れしてもらってからの出発となりました

DSC09669.jpg

続きを読む
by ねこねこ亭 at 18:42| Comment(0) | 我が家の猫ちゃん | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

麻呂くん:歯髄がでてました


マイケルくんの猫ドックのついでに(麻呂くん抜きで)先生に相談した件のその後・・・。

心臓の薬(肥大型心筋症)を飲んでいる状態での麻酔は「麻酔のリスクが高くなるよ」ということで、しばらく様子をみる事になり、セラプトfmを続けながら、噛まなくて良いようなパウチを多めにあげたりして様子をみていました。

すぐに症状は落ち着いてきて、もう大丈夫なのかな?と思っていたところ、17日に、血が混じったよだれが右の口からダラーそしてまた翌日には、元に戻るという。なんとも不安な状況で、単なる歯石の溜まりすぎの歯肉炎ではないのかもしれない?!と思い、病院へ行ってきました。

あーん
IMG_0961.jpg

続きを読む
by ねこねこ亭 at 16:19| Comment(0) | 我が家の猫ちゃん | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

麻呂くん:口の中が?!でも麻酔は危険

麻呂くんが、先週の水曜日、極小粒のカリカリおやつを食べた後から、舌を出しっ放しにしたり、よだれを垂らしっぱなしにしたり、噛み合わせに違和感があるのか、顎をガクガクさせたり、半分だけあくびをしてみたり、兎に角、口の中が痛そうにするので、どうしたものかと毎日の心臓のお薬にセラプトfm(粉タイプ)を混ぜて様子をみていたのですが、4日程経過した頃に、いつもの麻呂くんに戻っていました。セラプトfmの効果なのかは、よくわかりません

口の中が変だと訴えながらも、食い意地は張っていた
201810101.png

続きを読む
by ねこねこ亭 at 23:30| Comment(0) | 我が家の猫ちゃん | 更新情報をチェックする

さぁやぁちゃん:ハゲ&ケガみたいなものは肉芽腫でした

6月に猫ドックに行って、(肥満という以外)どこも悪くなかった『さぁやぁちゃん』でしたが、8月くらいから腹に、擦れたような、怪我のような傷ができました

お腹をよく舐めているので、舐めすぎなのかなー程度に思っていましたが、9歳になるまで、そんな事は一度もなかったし、治りそうかなーと思うと、また復活するので、なんか変な気がして病院へなんと・・・肉芽腫でした

DSC09514.jpg

続きを読む
by ねこねこ亭 at 22:42| Comment(0) | 我が家の猫ちゃん | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

多頭飼育崩壊の子達の為に支援物資が届きました(9月分)

江戸川区で発生した多頭飼育崩壊の子達の為に届いた2018年9月分の支援物資を掲載しています

9/20:匿名希望様より、猫砂と缶詰とちゅーると毛布が届きました毛布は、それぞれの猫ちゃん達の冬支度用に、みんなで分けました
B378_2.JPG
   
B378_9.JPG
   
B378_6.JPG
新品の毛布を送っていただきました
B378_3.JPG

B378_10.JPG
   
続きを読む
by ねこねこ亭 at 00:00| Comment(0) | 我が家の猫ちゃん | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

麻呂くんの病気:心臓(肥大型心筋症)変化なし

5/22の朝から、アーチスト錠1.25mgの1/4を1日1回飲んでいる麻呂くん。今日は、定期検診に行ってきました

検査結果は、前回よりも数値は高めですが、薬のおかげで、これくらいに抑えられているのかなー的な感じ。薬は、このまま継続となりました
カッコ内は(5/14)(4/24)(2015/4/29)の過去値です。以下の4項目が高値になったり下がったり他の数値は標準値内でした

RBC赤血球:12.57(11.93)(12.09)(10.65)【6.54-12.20M/uL】
HCTヘマトクリット値:61.2(58.2)(60.5)(53.7)【30.3−52.3%】
HGBヘモグロビン濃度:19.4(18.4)(18.7)(16.7)【9.8−16.2g/dL】
RETIC網赤血球数:41.5(32.2)(62.9)(43.7)【3.0−50.0K/uL】

帰宅後の麻呂くん
IMG_0955.jpg

病院へ連れて行こうと1匹でキャリーに入れると鳴きまくって興奮するので、ダミー要員として茉莉ちゃんも同じキャリーに入れて行きました。合計すると12kgを超えるので、無駄に重たかったですが道中も待合室でも、ずーっと茉莉ちゃんのお腹の下に潜って隠れて鳴かなかったので、麻呂くんの弱った心臓の為には、ダミー要員がいて良かったみたいでした。

茉莉ちゃんは、キャリーに入れられたものの、診察の時に出されるわけでもなく、ただ単に行って、2時間待って、帰宅するという行為に、状態でした。
by ねこねこ亭 at 15:59| Comment(0) | 我が家の猫ちゃん | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

猫ドックの結果:茉莉ちゃん(ジャスミン)

茉莉ちゃんの猫ドックに行ってきました。

DSC08642.jpg

続きを読む
by ねこねこ亭 at 23:57| Comment(0) | 我が家の猫ちゃん | 更新情報をチェックする

猫ドックの結果:爽くん(腰椎欠損症でした)

爽くんの猫ドックに行ってきました。

DSC08640.jpg

続きを読む
by ねこねこ亭 at 23:19| Comment(0) | 我が家の猫ちゃん | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

9本の抜歯をしました:3本足のルーク・トライフォース・スカイウォーカーくん

前々から口臭と歯肉炎が気になっていたルークくん。セラプトfm(粉タイプ)というサプリを飲ませると、症状が改善するけれど、止めるとまた元に戻るので、歯石取りをすることにしました。推定4歳です(2014年6月6日を誕生日にしました)。このまま先延ばしして、いよいよダメだとなった時にやるという手もありますが、酷くなると、膿が溜まって骨が溶けてきたり、頬に穴があいたり、重症化してしまう事もあります。また、その頃には、高齢で麻酔が出来ない状態だったりするので、体の負担の事も考えると、元気で体力があるうちに、最初で最後の1回をやってあげたいと思い、決心しました。

多頭飼育崩壊の子達は、茶太郎くんとリザちゃんが抜歯をして、風太郎くんとティファニーくんは歯石取りをしましたが、ふつーに即日退院して、出血もほぼなかったので、安心しきってました。でも、ルークくんは、例外だったみたいです

みなさんへのアドバイス
血が苦手な方、心配性な方は、1泊入院させてから、連れて帰るオススメしますそうすると、お迎えに行く頃には、ルークくんみたいに出血が多い子でも、血が止まっていて、先生方が血を綺麗に拭いてくれた後なので、心穏やかに連れて帰る事ができるはずです。

私のように即日連れて帰る人は少ないのか、ネットにこれといった情報がなかったので、未来の誰かのために、ルークくんの抜歯とその後の様子を書き残しておこうと思います。
DSC08506.jpg

余談ですが、7月7日の土曜日から、私自身が、扁桃腺が腫れる風邪をひいていて、判断能力がかなり低下していました熱・喉・鼻・肺等の症状が完治したのは、それから10日程経った頃でした。

続きを読む
by ねこねこ亭 at 01:21| Comment(0) | 我が家の猫ちゃん | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

猫ドックの結果:ルーク・トライフォース・スカイウォーカーくん

ルークくんの猫ドックに行ってきました。うちの子になったので、カルテの名前も、ルークくんから、ルーク・トライフォース・スカイウォーカーくんに変更していただきました

ルークくんは、私と彼以外には誰にも抱っこされなくて、他の人が抱っこしようとすると脱糞しちゃうほどに暴れるので、タオルでガッツリ包んでの検査だった模様です

パニクって舌でてます
DSC08500.jpg

続きを読む
by ねこねこ亭 at 23:15| Comment(0) | 我が家の猫ちゃん | 更新情報をチェックする