2016年04月17日

【里親さん募集中】江戸川区多頭飼育崩壊した猫ちゃんたち

江戸川区の多頭飼育崩壊現場から救出した猫ちゃん達の里親さんを募集しています

2017/6/17現在
あと6匹の猫ちゃん達に
一時預かりさんか、里親さんが見つかると、
水が出ない、窓がなくて陽が入らない
空家の子達を解散できます!

きちんと御世話できる方であれば、一人暮らしの方でもです。馴れていない子が多いので、連絡を取りあいながら、一緒に猫ちゃんの心のケアを進めていけたらいいなと思っています

預かり期間は、3ヶ月・6ヶ月・長期コースのいずれかから御選びください。里親さんが決まった場合は、その時点で預かり終了となります。フード代、砂代、玩具代などの日常生活に必要な費用については、預かりさん側で御負担を御願いいたします。医療行為が必要になった場合は、(御自身で治療可能という場合を除き)一旦、預かり依頼を中止し、当方で医療処置を施してから、預かり再開となります。預かりさんは、平井駅・新小岩駅周辺の方だと、譲渡会への参加や何かあった時の対応が早くできるので嬉しいです。

全頭、血液検査を実施し、エイズ・白血病どちらも陰性でした。
不妊手術済み、フロントライン済み、駆虫済み、ワクチン接種済みです。

(1)2016年10月30日正式譲渡となりましたつくしちゃん:推定2歳、女の子。
花より男子』より命名。いつも他の猫ちゃん達の下にいることが多かったので、踏まれても這い上がっていって、幸せになれますようにと、願いを込めてつけました
edogawa1_1.jpg

つくしちゃんは、カーテンボックスの上にのぼって、くつろぐ事が多いです。そんな時、声をかけると薄目を開けて、返事をします。なでなですると、喉を鳴らして喜びます。小さなボールをくわえたり、転がしたりして、よく遊びます。猫じゃらしも好きです。食欲旺盛で、手からおやつを食べてくれます。 短い鍵尻尾です
edogawa1_2.jpg

(2)2016年7月9日正式譲渡となりました 恵ちゃん:推定2歳、女の子。
『のだめカンタービレ』より命名。1匹でいることが多くて、よく声を出していたので、恵ちゃんにしました。まだ自分の能力や可能性に気づいていないけれど、すばらしい素質を持った猫ちゃんです。
edogawa2_2.jpg
少しビビリな時がありますが、ボールを転がしや、猫じゃらしで遊ぶのも大好きです。撫でている時は目を閉じて気持ちよさそうにしています。食欲旺盛です。手からおやつを食べてくれます。中くらいの長さの尻尾です
edogawa2_1.jpg

(3)2017年3月8日正式譲渡となりました 由希ちゃん:推定2歳、女の子。
『フルーツバスケット』より命名。自分では気づいていないけれど、みんなが羨むほどの才色兼備の猫ちゃんです。
猫じゃらしで遊ぶのが大好きです
edogawa3_1.jpg
最初の頃は、ビビリちゃんだった由希ちゃんでしたが、おやつに釣られる猫ちゃんで、指についたパウチも食べ尽くしちゃう程の食いしん坊ちゃんです。手から御飯をあげると、少し食べたあとで尻尾をぶんぶん振り回して、喉を鳴らしながら、手に顔をこすりつけて嬉しそうにします。活発な猫ちゃんです。短い尻尾です
edogawa3_2.jpg

(4)リザちゃん:推定2歳、女の子。
まだ人を見ると怖がってしまうので、人馴れ訓練中です。
edogawa4_1.jpg

(5)2016年10月1日正式譲渡となりましたナルちゃん:推定2歳、女の子。
edogawa5_1.jpg

(6)2016年11月18日正式譲渡となりましたモナちゃん:推定1歳、女の子。
edogawa6_1.jpg

(7)風太郎くん:推定3歳、男の子。
edogawa7_1.jpg edogawa7_2.jpg

(8)慶太郎くん:推定3歳、男の子。
右の写真:7番(上)、8番(下)
edogawa8_1.jpg edogawa7-8_1.jpg

(9)茶太郎くん:推定3歳、男の子。
edogawa9_1.jpg edogawa9_2.jpg

(10)2016年7月21日正式譲渡となりました どらちゃん:推定5歳、男の子。
穏やかな性格で、馴れています。長いトラトラ尻尾です
edogawa10_1.jpg

(11)2016年7月21日正式譲渡となりました マロンくん:推定4歳、男の子。
穏やかな性格で、馴れています。食べるのが大好きで、お腹いっぱい食べられて幸せと言っています。極短のだんご尻尾です
edogawa11_1.jpg

(12)マキアートくん:推定4歳、男の子。
背中に大きなシミ模様が一つ。お世話中、フーシャー猫パンチがでるので、ゆっくり馴らしていってください。中くらいの長さの尻尾です
edogawa12_1.jpg

(13)トライアル中ですピノキオくん:推定1歳、男の子。
鼻が赤くてピノキオっぽい、元気の良い子です。長いシマシマ尻尾です
edogawa13_1.jpg
ピノキオくん(左)、ホワッツマイケルくん(右)
edogawa13-14_1.jpg

(14)2016年6月17日正式譲渡となりましたチビマイケルくん:推定1歳、男の子。
トイレ豪快に使うので大きなトイレで御世話する事。極短の団子尻尾です
edogawa14_1.jpg

人さん(左)とチビマイケルくん(右)
edogawa14-16_1.jpg

(15)トライアル中ですベーダーくん:推定5歳、男の子。
ルークくんのパパと思うので、ベーダーくんという名前にしました。
edogawa15_1.jpg
大人しくて、ルークくんに良く似ています。右目の下側に白い筋模様が特徴です。短い尻尾です
edogawa15_2.jpg

(16)トライアル中です人さん:推定5歳、男の子。
顔に『人』という文字が入っているので、人さんという名前にしました。
edogawa16_1.jpg
トイレ豪快に使うので大きなトイレが良いです。長い尻尾です
edogawa16_2.jpg

(17)2016年9月28日正式譲渡となりました独眼竜政宗くん:推定5歳、男の子。
右目に白い特徴的な模様があったので、政宗くんにしました。良く食べます。そこそこ馴れています。逃げても、缶詰に釣られて近寄ってくるので、すぐに抱っこして捕まえる事ができます。
edogawa17_1.jpg

(18)カッパーくん:推定4歳、男の子。
とても大人しくて馴れている猫ちゃんです。
edogawa18_1.jpg

(19)ティファニーくん:推定4歳、男の子。
背中にハートの3連模様があったので、この名前にしました。
edogawa19_1.jpg
少し触れるくらいの猫ちゃんです。
edogawa19_2.jpg

(20)トライアル中ですプーチン:推定3歳、男の子。
ちょんちょんくらいなら触れます。人が見ている前でも、くつろぐ姿を見せてくれて、歌を歌ってあげると、目を細めて聞いてくれます。
edogawa20_1.jpg
天ちゃん(上)、プーチン(下)
edogawa20-22_1.jpg
プーチン(右)、天ちゃん(左)
edogawa20-22_2.jpg

(21)2017年2月11日正式譲渡となりました ホワッツマイケルくん:推定3歳、男の子。
中くらいの尻尾です
edogawa21_1.jpg

(22)天ちゃん:推定3歳、女の子。
歌舞伎役者のような隈取り模様があったので、天乃屋の歌舞伎揚げから『天』の字をとって、天ちゃんと言う名前になりました顔にも『天』という文字が入っているし、背中に片翼の模様があったので天使の意味も入っています尻尾の付け根に小さい白ポチ模様があります。長い尻尾です
edogawa22_2.jpg

(23)2016年7月16日正式譲渡となりました希ちゃん:推定3歳、女の子。
立入り終了後に、飼い主から連絡が入って捕獲器を仕掛けて捕まえた子です。ものすごく馴れていて、みんなと仲良しさん、メチャクチャ可愛くて、みんなのアイドルです
edogawa23_2.jpg

edogawa23_1.jpg

(24)2016年12月11日正式譲渡となりました白玉ちゃん:推定1歳、女の子。
小さな体で、白玉のような茶色いポチ模様が全体的にあります。とっても可愛くて、甘えん坊さん。希ちゃんと、すごく仲が良いので、たぶん親子だと思います希ちゃんと同じく、みんなのアイドルです短い鍵尻尾です
edogawa24_1.jpg

(25)2017年1月5日正式譲渡となりました みたらしちゃん:推定2歳、女の子。
色白で、皮膚が弱いです。現在、アレルギーの治療中。アレルギーの原因が、はっきりしないのですが、ストレスだったり、ダニとかハウスダストアレルギーの可能性があるそうです。
edogawa25_2.jpg

edogawa25_1.jpg

(26)トライアル中ですアリエルちゃん:推定2歳、女の子。
短い鍵尻尾です
ウェンディちゃん(左)、アリエルちゃん(右)
edogawa26-17_1.jpg

(27)ウェンディちゃん:推定2歳、女の子。
機嫌が悪いと、すぐに顔に出る、しっかり者の女の子です。耳をカキカキしてあげると気持ちいいーと言います。
edogawa27_1.jpg

(28)3月4日の早朝、平井動物病院にて、天国へいきました。神様に呼ばれる時、名前がないと困るので、みよちゃんと名前をつけました。みよちゃんは、29日に私が、こたつの角にいたのを発見して保護した猫ちゃんでした。ガリガリに痩せていて、とても小さな子でした。死因は、敗血症ではないかということでした。みよちゃんは、5日は、ねこねこ亭の家で、先に遺棄されたルークくんと一緒に過ごし、6日に個別火葬をしていただき、ねこねこ亭のうちの子として迎えました。

(29〜32)昨年9月に遺棄された4匹(3匹は地域猫のオス:チャトくん、オス:イケメンくん、メス:ちびたちゃんで、残りの1匹は、交通事故にあって3本足になったルークくんです。ねこねこ亭の家で一時預かり中です。)

(33〜35)今年1月に遺棄された3匹、地域猫です(3月4日夕方、その中の1匹『小町ちゃん』のお尻の方から、袋に包まれたラッキョウのようなものが垂れ下がってるのを発見。急いで病院へ連れていったところ、袋はお腹の中に戻りました。早産か子宮内膜症のような病気?のようで、平井動物病院にて入院し不妊手術をしていただきました。3月6日、近所で3匹の袋に包まれたままの死体を発見しました。小町ちゃんから出てきた子供だったようです。1匹は顔の形がわかるくらいの大きさで、発見後戻ってみると死体はなくなっていました。2匹は、3センチ程の塊で、近所の方が庭に埋めてくれました。3月11日、小町ちゃんは退院して地域猫となりました。)

(36〜)その他にも沢山の茶色の猫ちゃんが遺棄され続けていました。近所の方が飼ったり、地域猫となったり、事故や病気でなくなったり、様々な人生を送っています。近親交配を続けていくと、流産や早産、奇形の子が生まれたり、心臓疾患などで早くに亡くなる子が増えて行きます。数えきれない猫ちゃんが、室内で亡くなっていたと推測できます。保護して間もなく亡くなった、みよちゃんも、私達の立入りがもう少し早ければと悔やまれてなりません。

譲渡に関しての条件・費用・手順など、こちらにまとめております。※多頭飼育崩壊した子達の譲渡費用については、不妊手術代を除いた金額が、譲渡費用となります。
お問い合わせ前に、必ずお読みくださいませ。
【譲渡に関しての条件・費用・手順について】
(上記から条件が読めない場合は、こちらのリンクからご確認ください。)

お問い合わせは、ねこねこ亭(nekonekotei@gmail.com)まで宜しくお願いします
お問い合わせの際には、上記メールアドレスからの受信を許可いただいた上で、メールの送信をお願い致します。

多頭飼育崩壊の猫ちゃん達の医療費などを含む経費は、みなさまからの寄付金や公益財団法人日本動物愛護協会様からの助成金などにより成り立っております。御理解いただけましたら幸いです
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください