2016年02月29日

江戸川区多頭飼育崩壊:(2月29日)立入り3日目

立入りメンバー
・ねこねこ亭
・ボラミちゃん
・一時預かりOさん
・保健所Bさん
・社長さん(初日の立入りで体調を崩してしまって、午後から参加。)

9時40分、ねこねこ亭・Oさん、現地到着。
途中、協力者Aさんと協力者Bさんも合流して作戦会議をしながら、保護した8匹の猫達の御世話をしました。

今日は、12時から立入りを開始しました。

3日目、やっと台所の床が見えるようになりました!
160226_1118.jpg

帰宅したのは19時、朝ごはんも昼ご飯も食べず、ただただ猫を捕まえ続けました。

土曜日の大家の態度から、ボラミちゃんが所有権を持っている猫とはいえ、今後、何をするかわからないという事で、捕獲の邪魔になる中くらいの物だけ撤去して、今日中に残っている猫達すべてを保護する方針に変えました。

DSC08127-27.jpg

押し入れの中の子達は、ボラミちゃんと社長さんが、洗濯ネットなどに入れて保護しました。残していたコタツを撤去すると、みよちゃんがいました。私が持ち上げると何の抵抗もせず捕まりました。

どんどん捕まえていって、キャリーやケージに入れていったら、大きな猫の塊ができて、何匹捕まえたのか分からなくなりました。(後日、病院へ運んでみて、初めて、この日に捕まえたのが19匹だった事が分かりました。)

DSC08089-2.jpg

夜、押し入れに寄り添っていた6匹を谷澤動物病院へ運びました。偶然にも、その6匹は、全て女の子、うち1匹は妊娠していました。首の根っこを噛まれていて、毛が抜け傷ができていました。発情したオスから逃げるため、女の子ばかり押し入れに固まっていたみたいです。

そして、2匹を平井動物病院へ運びました。そのうち1匹は、みよちゃん。既に具合が悪く、そのまま入院となりました。この時は、みよちゃんが亡くなってしまうだなんて、思ってもいませんでした。こんなにも早くお別れする事になるんだったら、残りの時間、もっと会いに行ったり、一緒にいてあげたかったです。それが私とボラミちゃんの、唯一の後悔です。
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください