2016年02月25日

江戸川区多頭飼育崩壊:(2月25日)立入り初日:飼い主編

立入り初日、ねこねこ亭は、初めて飼い主と会いました。
印象は、気弱そうな、やつれて、ボロボロの服を着たオッサンという感じ。
話しかけても小さな声で遠慮がちに答えるような人でした。

部屋の中には、私、ボラミちゃん、社長さん、保健所のAさん、Bさんが入って、飼い主は、外で待機。時々、ドアを開けて袋いっぱいに詰めたゴミを渡すと、外でゴミの仕分けをして手伝ってくれました。

DSC08100-10.jpg

そんな作業の合間、飼い主と少し話をしました。こんな話です。

いつ頃から猫を飼いはじめたんですか?

7、8年前の夜の10時頃、(煙草を買った帰りか)(居酒屋の帰りか)夜道を歩いていたら、猫が『にゃー』と声かけてきて、『どうした?家がないのか?うちにくるかー?』って聞いたら、『にゃー』って鳴きながら家までついてきたので家に入れた。そしたら2ヶ月後に4匹子猫を産んだ。産まれた子は、何匹か知り合いにもらってもらったりしたんだけど、どんどん増えていった。

(立入りの前日、1才〜5才くらいまでの猫と聞いていたので)最初に拾った猫ちゃんは、いますか?

最初に拾った子は、当時、窓を10センチくらい開けていて出入り自由にしてたら、ある日、帰ってこなくなってしまった。

名前はありますか?

猫に名前はない。

飼い主も保健所の方も、押し入れの中に猫はいないだろうと言っていたけれど、絶対いるという確信があったので、押し入れを開けようとするも、窓の下まで糞尿の層が出来ていて、取り除かない事には、押し入れが開きませんでした。だからゴミを片付ける必要があったのです!
DSC08107-14.jpg

(ゴミの山の中から、キャネットの2.7Kg入りで800円くらいの袋が大量に出てきたので)餌はどうしてましたか?

1袋を1日か2日くらいであげている。
今日も買いに行くというので『餌は私達が持ってくるから、そのお金で、自分のご飯買って食べて。』と言うと、小さくうなずいていました。『もしこれから先、猫のことが心配になったりしたら電話して、必ず里親さん探すからね。』『引越した先で、また猫拾ったりした時も、電話して。』と、そんな話もしました。

初日に保護した数は6匹。キャリーや捕獲器に入った猫を見ながら、飼い主は、愛おしそうに小さく何かを話しかけ、最後の別れをしていました。

部屋を片付けて空にしないと、新しい家が紹介されないみたいな話をしていました。もしかすると、ホームレスになるのも覚悟の上で、これまで退去を迫られても退去せず、保健所とかケースワーカーとの約束もすっぽかしたりしていたのかもしれません。こんな糞尿のゴミの中、どこで寝るの?と尋ねると、今日も部屋の中で寝ると、飼い主は答えていました。

立入り初日、分かったのは、月末までに部屋を片付けるのは、どんなに頑張っても無理という事。人道的観点からも、次に住む家が決まっていない状況で、月末退去は無理だという事でした。

DSC08132-32.jpg

立入りの日、管理会社がやってきました。管理物件のひとつなので、中に入って確認するのかな?と思っていたら、ドアから数メートル離れた場所から動かず(数メートル離れていても、酷い異臭がします)、中には何度すすめても入りませんでした。そして、この日、初めて、大家が弁護士に依頼をしているから、管理会社的には関係ないし、自分はどうこうできる立場ではないと話をしました。(ここで疑問が湧きました。立入り前の1ヶ月程の期間、大家と話をすると管理会社に頼んでいる、管理会社と話をすると弁護士に頼んでいると言っていたからです。)そして、ゴミの袋を持って出てくる私に向かって、中の状況はどんな感じか何度も尋ねました。(自分で入って見てくればいいんじゃないか?と思いましたが)中の状況を説明すると、ゴミを片付けた後、清掃の専門業者を呼ぶが、もう賃貸は無理だろうから、空き部屋にするとか、修繕したら200万くらいかかるかなと、そんな話ばかりしていました。

そして大家一家は、自分の物件に住んでいますが、一度も顔を見せる事はありませんでした。

つづく。
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください