2017年05月15日

江戸川区:多頭飼育崩壊の子達を救うための支援用口座を作りました

ねこねこ亭の小さな命を守る会では、江戸川区で発生した猫の多頭飼育崩壊をきっかけに動物達の支援口座を用意しました。今までは、自費で捨てられた子達の保護や地域猫活動していましたが、通常の活動に加えて多頭飼育崩壊となると、自分達の力だけでは、どうしようもなく難しい現実があります。ほんの少しで構いません、みなさまの力を貸していただけたら嬉しいです。

長期化が予想されます。何卒よろしくお願い致します。

ゆうちょ銀行
【記号】10120
【番号】97690721
【名義】ねこねこ亭の小さな命を守る会

他の金融機関からのお振り込みの場合は、こちらを指定ください。
【店名】〇一八(ゼロイチハチ)
【店番】018
【預金種目】普通預金
【口座番号】9769072
【名義】ねこねこ亭の小さな命を守る会
三井住友銀行など一部の銀行にて(ヲ)を(オ)と入力する必要があります。その場合は、「ネコネコテイノチイサナイノチオマモルカイ」と入力くださいませ。

通常の猫の保護・里親探し、地域猫活動(不妊手術の実施、餌やり、トイレ場所の清掃など)は、今まで通り、自費で活動します。

支援金は、以下のような用途に使います。

・医療費
・餌代
・猫砂、ペットシーツ代、玩具購入費など
・備品購入費(手袋、ビニール袋など)
・御提供いただいた空家の電気代など

多頭飼育されている犬達の現場からの救出
室内犬を多頭飼育して問題になっている家があります。推定40匹〜50匹、現在も繁殖が続いているので、できる限り早い対応が必要です。
→3匹の犬を保護しましたが、状態がとても悪く、飼い主は悪質なブリーダーである事が分かりました。問題が根深過ぎて長期化する事がわかったので、皆様からの御寄付の中から(77,618円)使った段階で、自費での活動に切り替えました。

ご支援頂いた皆様へ
この場をかりてお礼申し上げます。ありがとうございます。大切に活用いたします。

口座入金履歴:時々の記帳なので、そのタイミングでのご報告となります。
■多頭飼育崩壊入金合計:1,489,446円
■まきまきちゃん入金合計:200,000円
骨折の手術をした『まきまきちゃん』の治療費に使ってくださいと、連絡をいただきましたので、まきまきちゃんの入院費・手術代に使いました
■たまちゃん入金合計:55,000円
苛性ソーダで火傷した『たまちゃん』の治療費に使ってくださいと、連絡をいただきましたので、たまちゃんの入院費・手術代に使いました
(入金合計:1,744,446円)05/08時点:明細の一覧はコチラに記載しております。

多頭飼育崩壊:支払ったもの色々。
通帳の記帳履歴と領収書は、色々終わって落ち着いたら写真を撮って掲載します。
05/08時点での医療費など合計   832,493円
05/08時点での餌代・備品など合計 350,359円
05/08時点での交通費合計     230,603円

多頭飼育崩壊:05/08時点での残金(280,991円)
+(入金合計:1,489,446円)
+(公益財団法人日本動物愛護協会様より助成金:205,000円)
−(支出合計:1,413,455円)
この記事へのコメント
ねこねこ亭さんへ。
初めて、コメント書き込みます。
先日より、こちらのブログを拝見していました。
各地で表面化する、”多頭崩壊”について、現実には表面化していない予備軍が水面下にいくつも有るのだろうと想像しています。

人間のせいで、猫(あるいは犬)に、辛い思いをさせてしまう事に胸が痛みます。

遅まきですが、こちらのブログ、江戸川区の猫の多頭崩壊について、私のブログ(一人暮らしの猫飼い http://ameblo.jp/fselmbh/)で紹介させて下さい。

よろしくお願いします。
lenny-tohno
Posted by lenny-tohno at 2016年03月27日 22:42
lenny-tohno様
はじめまして。
多頭飼育崩壊は、今や毎週のように知らせが入ってきます。
ボランティア自身の多頭飼育崩壊は、身内の恥になるので、公表されない事が多く、lenny-tohno様がおっしゃるように、相当数の予備軍と水面下の崩壊が起きていて、胸が痛むばかりです。

私達が、助け出した子は、どう頑張っても馴れているとは、ほど遠い子ばかりでしたが、どうしても殺処分という選択ができなくて、長期戦覚悟で、みんなを助けようと決めました。

皆様の支援・応援だけが、本当に頼りです。
ブログで御紹介いただけるとの事、嬉しいです。
写真なども、どうぞ記事の紹介と共に自由に使ってくださいませ☆

よろしくお願いいたします。
Posted by ねこねこ亭 at 2016年03月27日 23:18
コメントを書く
コチラをクリックしてください