賃貸や女性の方でも手軽に作れる脱走防止柵の作り方♪
dot_fff.jpg
里親になる前に、そしてもう里親になった方にも読んで欲しい、大切なお話です☆
dot_fff.jpg
『かず&ピクシーくん』が sippo(シッポ)で特集されました♪
dot_fff.jpg
『たまちゃん』が sippo(シッポ)で特集されました♪
dot_fff.jpg
『ナルちゃん』が sippo(シッポ)で特集されました♪
dot_fff.jpg
多頭飼育崩壊の猫ちゃん支援専用:Amazon欲しいものリストを作りました dot_fff.jpg

2018年01月31日

譲渡会開催中♪多頭飼育崩壊した猫たちの里親さん募集中!


譲渡会以外の直接の御申し込みも、随時、受け付けております

nekonekotei_vader5.png

日時:2018年1月28日(日)13時半から16時まで
会場:東京都江戸川区平井4−9−19ファーストビル1階 平井動物病院
   総武線平井駅から徒歩3分の室内会場です。
   平井動物病院への直接のお問い合わせは御遠慮ください
   小さな病院ですので、手術やトリミング中で手が離せない事が多いです。
   急患から電話が入る場合があります。
   会場は、動物病院の御厚意でお借りしております。ルールを破る人が増えたら
   会場として使用できなくなりますので、何卒、宜しくお願いいたします

入場無料です♪
気に入った猫ちゃんがいた場合は、里親申込書に必要事項を記入いただき、猫ちゃんは、後日、オウチまで御届け&トライアル開始となります。当日は、手ぶらで気軽にお越し下さい。

※今は里親になれないけど・・・猫ちゃん見てみたいな・・・とかでも歓迎ですみなさん気軽に遊びに来られる、そんな譲渡会です。何度も譲渡会に来て、決心される方もいらっしゃいます。大事な家族になる子ですからね。じっくり、ゆっくり考えてくださいね♪

※猫ちゃんを御世話しているスタッフが、それぞれの猫ちゃんの性格や接し方など丁寧に説明します。初めての猫飼いさんも安心して猫ちゃんとの生活を開始できるように、サポート体勢もしっかりです♪

※ひとり暮しの方(非喫煙者限定)も、お申し込みオッケーです多頭飼育崩壊の猫達は、高齢の男性に長年虐待されながら育ちました。その為、人間をとても怖がります。大勢の家族よりも、一人暮らしの女性の方と、じっくり向き合っていただく方が馴れやすいです。


里親さんが決まっていない多頭飼育崩壊の猫ちゃん達
新しい写真が先頭です。古い写真が、下にあります。保護した頃に比べて、見違えるような顔になった猫ちゃん達を、どうぞみてください

譲渡に関しての条件・費用・手順など、こちらにまとめております。
お問い合わせ前に、必ずお読みくださいませ。
【譲渡に関しての条件・費用・手順について】
(上記から条件が読めない場合は、こちらのリンクからご確認ください。)
お問い合わせは、ねこねこ亭(nekonekotei@gmail.com)まで宜しくお願いします
お問い合わせの際には、上記メールアドレスからの受信を許可いただいた上で、メールの送信をお願い致します。

トライアル中の猫ちゃん達

里親さんが決定した猫ちゃん達(正式譲渡になった順で掲載しています。)

多頭飼育崩壊のはじまりから、立入り後までをまとめています。

多頭飼育の犠牲になった子達の一覧です。不妊手術が終わった直後の写真です。最初は全く触れない子達だったのを、一生懸命ケアして、ここまできました。

ねこねこ亭が、ツイッターでつぶやいています 
ボラミちゃんが、インスタグラム(borami_nekonekotei)で写真投稿してます
Youtubeで、保護猫ちゃん達の動画が見られますnew001.gif
 
続きを読む

2018年01月10日

多頭飼育崩壊の子達の為に支援物資が届きました(最新分)

みなさまから沢山の励ましの御言葉と沢山の支援物資が届きました。
なんの縁もゆかりもない人達が、ツイッターを見ました、ブログを読みましたと、声を掛けてくださることに、驚くとともに、感謝の気持ちでいっぱいです

送っていただいた物資は、届いた日付順にこちらに掲載しています(開封の順番の関係で、掲載時期が前後する時があります)

掲載は、間違いないよう納品書の内容と突き合わせをして行っておりますが、Amazonからの配送の場合は、納品書が入っていなかったり、匿名だったり、ご配送されるケースもあるので、間違いなく掲載されているか、ご確認いただけましたら幸いです

物資の中には、要らなかったら捨ててくださいとメッセージを添えてある物もありましたが、全てが色んな形で役に立っています。何ひとつ無駄にする物はありませんでした。私達の力だけでは、助け出した猫ちゃん達に、ここまでの事をしてあげる事はできなかったと痛感しております。皆様からの支援に、心から御礼申し上げます。


2018/1/11現在:何でも届くと嬉しいです♪

未開封であれば、多少の賞味期限切れはです。自宅の猫ちゃんが食べなかった餌・砂・シーツがありましたら送っていただけると嬉しいです。種類は何でもです。
連絡先は、ねこねこ亭 nekonekotei@gmail.com まで、お尋ねください

※お返事を書いても、エラーでメールが返ってくる時があります。お問い合わせの際には、上記メールアドレスの受信を許可設定をお願い致します

1/9・1/10:東京都板橋区の金光様より、黒のゴミ袋と砂が届きました
B320_2.JPG

B320_5.JPG

続きを読む

2018年01月09日

【祝☆正式譲渡】(12)マキアートくん:男の子

昨年6月30日からトライアル中だった『マキアートくん』が、東京都江戸川区のC様に、1月5日正式譲渡となりましたぁマキアートくんという名前を気に入ってくださり、そのままマキアートくんという名前になりました

トライアル開始の日、ボラミちゃんと、C様と、マキアートくんを囲んで
20180109162350.jpg

お届け直後のマキアートくんトイレの中に引きこもり
DSC05380.jpg

写真は、年末、C様が帰省中に、ねこねこ亭が、マキアートくんのシッターに行ってた時の物です久しぶりに会ったマキアートくん、最初はベッドの下に潜って出てきませんでしたが、歌を歌ってあげたら声で思い出してくれたみたい♪お世話に行く度に、猫じゃらしで遊んだり、話をしたりして過ごしました

ベッドの下から(誰?)みたいな、久しぶりの再会の時
DSC07055.jpg

C様は、韓国の方です。5/27開催の譲渡会に足を運んでいただき、実際のマキアートくんを見て、その後、ネットから御申し込みをいただきましたでも、私達の譲渡会に辿り着くまでには、とても険しい道のりだったそうです

お気に入りの猫じゃらしで遊ぶマキアートくん
DSC07109.jpg

C様は、日本に来て働いて5年。あと5年、日本に住めば永住権を取得する事ができます。日本語を書く事も話す事も、韓国人ですと言わなければ分からないくらい、とても堪能です。韓国では、それくらい出来て初めて『日本語ができる』と、人に言えるんだそうですすごいですよね。

ねこねこ亭の事を思い出してからは、目の前でパウチもムシャムシャ
DSC07129.jpg

でも、猫ちゃんを飼おうと決めて、いざ!里親に募集をしてみると・・・団体も個人も、全て断られたそうです正式譲渡の時に『ビザを取るよりも難しかったです。』と言われた程に、そもそも外国人は、根掘り葉掘り個人情報を聞き出した上に、一人暮らし、ワンルーム、マンション、一生独身の方、結婚してないと、子供がいないと、子供が将来できる可能性のある人も(子供が猫アレルギーだった時、飼えなくなるから)、それはそれは、ありとあらゆるな理由を突きつけられたそうです里親になる前に、20万寄付してからという団体もあったとか

それでも諦めずに探して、見つけたのが私達の譲渡会告知だったんだそうです

C様に『どんな人なら譲渡してくれるのでしょうか?』と言われたけれど、正直、私も分かりませんただ言えるのは『ねこねこ亭が里親に応募しても断られるでしょう』という事かな?譲渡する側の私ですら、飼い主としての自信がなくなる程に、譲渡の条件は様々で、ある一面、厳しすぎるかなと思う事もあります。

エアコンの下で、ホカホカするのが好きだと言ってます
DSC07164.jpg

ちなみに、ねこねこ亭は、日本語でコミュニケーションが取れる方で、日本に永住してくれる方であれば(=私が日本語しかできないから)外国籍の方にも譲渡しています。一人暮らしの人でも良いし、当然、一生結婚しない方でも大丈夫です。今は、一緒に暮らしていても、夫婦別姓で入籍しない道を選ぶ人もいます。結婚して、入籍していて、一軒家に住んでいて、子供が2人ぐらいいて、その子達も高校生以上ないとダメだなんて、そんな時代錯誤な条件を言ったりはしません

猫じゃらしを狙ってます
DSC07176.jpg

C様の話では、里親になる条件が厳しくても、それでも諦めなかった理由は、韓国にも同じようにペットブームがあって、捨てられて悲惨な末路をたどる動物達が多い現実があるからだそうです。だから絶対に、自分がペットを飼えるようになっても、ペットショップでは飼わないと決めていたんだそうです

C様は他にも、韓国に比べて、日本には沢山の保護団体があって、色々な募集サイトがあって、そのシステムやルールも素晴らしい物があるのに...と言っていました

確かに、外国の方は、日本人の習慣とは違う事も多いです。猫ちゃんがストレスなく習慣に馴染めるかどうか、環境を確認する事は大事です。

でもね、ねこねこ亭が思うのは・・・

日本人だからって、皆が良い人かというとそうではなく、悪魔のような所業をする人もいます

外国人だからって、皆が悪い人かというとそうではなく、天使のように、心から愛してくれる人もいます大抵は、普通の人達です。

譲渡に大切なのは、偏見ではなく、時代にあった多様性を認め、互いの存在を大切に思う気持ちではないでしょうか

まだ抱っこやナデナデはできないのだけれどね
DSC07134.jpg

C様は、凶暴だったマキアートくんにも、根気強く接してくれて、未だに抱っこもナデナデもできないけれど、可愛いと言ってくださいます。健康にも気を遣って、フードを選んでくださっています

マキアートくんに巡り逢うまでの道のりは長いものだったけれど、C様とマキアートくんとの間には、強い絆と運命があったんだと、信じています

トライアルを開始した時からのマキアートくんの様子は、インスタグラム(https://www.instagram.com/macchiatooo_cat/)で見ることができます


続きを読む

2018年01月07日

江戸川区:1/7多頭飼育崩壊した猫たちの譲渡会の結果報告

nekonekotei_vader4.png

今回は、多頭飼育崩壊の猫ちゃんの中から、カッパーくん、ベーダーくん、ホワッツマイケルくん、風太郎くん、リザちゃんの5匹が参加しましたが、お申し込みはありませんでした。でも今回は、沢山の来客がありました残っている子達は、体も大きいし、癖のある子達ばかりですが、気長に向き合ってトライアルしていただける方を待っています

続きを読む

2018年01月01日

【一時預かりさん・里親さん募集中!】江戸川区平井:多頭飼育崩壊

預かりさん!里親さん!緊急募集中です!

2016年2月末に江戸川区平井で発生した多頭飼育崩壊から、1年と9ヶ月が経過しました。保護した猫達は、一時預かりさんに少しと、残りの多くを空家で保護していました。

空家は、保護場所に困っている私達の話を聞いて、K様より無料で提供いただいていました。ただ、とても老朽化していた建物なので、電気は通りましたが、水はでませんでした窓もなく陽も入りません1年と9ヶ月間、猫達の水は、毎日、自宅からペットボトルに入れて運びました。御世話する人間のトイレも使えないので、近くで借りたり、非常用の簡易トイレを持ち込んだりしていました。ねこねこ亭とボラミちゃんの二人交代で、毎日空家に通い続けました。ねこねこ亭の家からだと、1時間ちょっとかかる場所に空家はあります。年末年始は、ティファニーくんが瀕死だったため、24時間つきっきりで御世話しました。

そんな空家でしたが、老朽化問題、空家対策や区画整理事業なども複雑に絡んで、そろそろ取り壊しになる事になりました。となると、保護している猫さん達の行き場所がありません

あと残り7匹です!

ですが、以下の3匹については、なんとかなりそうです(たぶん)

▼天ちゃんは、現在、一時預かりさん宅にいます。
▼ホワッツマイケルくんとティファニーくんは、環境変化に弱く移動と同時に血便や絶食などが想定される事などから、ねこねこ亭の家で一時預かりできないか家族と相談中です。落ち着いたら、2匹には、猫ドックを受けさせたいと思っています。しかしながら、先住猫4匹と、多頭飼育崩壊の家族(3本足のルークくん)も預かっていて、合計5匹がいます。おまけに家族が猫アレルギーなので、預かるとしてもあと1・2匹が限界です預かり部屋もないですが、いきなり5匹と一緒にも出来ないので、当面の間、風呂場と脱衣所を2匹のスペースとして使おうと思っています。

そうすると、あと残り4匹に一時預かりさんか、里親さんが見つかれば、空家の取り壊しに間に合います!以下の猫ちゃん達です!

※ボラミちゃんの会社の事務所を、トライアルに行った子や、預かりをお願いした子が、途中で戻ってきた時の事を想定して、キャンセルされた場合の保護場所として使う事になりました。

一時預かり開始時期
空家が取り壊しになるギリギリまで、現在の保護場所から譲渡会へ参加させたいと思っています。今のところ2月末の引渡しを目処に調整中です。その後は、一時預かりさん宅から譲渡会へ参加させたいと思っています。預かりさんに会場まで運んでいただくか、私達が順番に回収にまわります。

一時預かりさんへの条件
▼里親さんへの条件と変わりありません。
(上記から条件が読めない場合は、こちらのリンクからご確認ください。)
里親さんが決まったら、預かり終了となりますが、里親さんは簡単には見つかりませんので、長期預かりとなる事を御了承いただける方、預かり中に心変わりして自分で飼いたくなっちゃうかも!?という方、大歓迎です!

▼御年配の方で、他の団体などから年齢制限で断れたという方、相談にお伺いいたします!御自身の健康と環境さえ問題なければ、一時預かりさんです。

▼一人暮しの方(非喫煙者限定)もです。多頭飼育崩壊の猫達は、高齢の男性に長年虐待されながら育ちました。その為、人間をとても怖がります。大勢の家族よりも、一人暮らしの女性の方と、じっくり向き合っていただく方が馴れやすいので歓迎です。

▼日中は御仕事している、残業がある方でもです。猫の下僕として、しっかり稼いで、貢いでください!

▼連絡を取りあいながら、一緒に猫ちゃんの心のケアを進めていけたらいいなと思っています

▼フード代、砂代、玩具代などの日常生活に必要な費用については、預かりさん側で御負担を御願いいたします。

▼医療行為が必要になった場合は、(御自身で治療可能という場合を除き)一旦、預かり依頼を中止し、当方で医療処置を施してから、預かり再開か症状によって中止となります。

▼預かりさんは、平井駅・新小岩駅周辺の方だと、譲渡会への参加や何かあった時の対応が早くできるので嬉しいですが、こんな状況なので、自分で飼いたくなっちゃうかも?!という可能性がある方の場合は、東京都内・近郊まで検討したします。

自信ないけど、私でもできるかな?
先ずは、気軽にお問い合わせください
猫の下僕として、猫を心から愛して、仕えてくださる方を待っています!
お問い合わせ先(nekonekotei@gmail.com)
お問い合わせの際には、上記メールアドレスからの受信を許可いただいた上で、メールの送信をお願い致します。

2017年12月31日

三毛天使ちゃんからのメリークリスマス!

我が家からお嫁にいったチェリーちゃん(今の名前は、三毛天使ちゃんと書いて、ミケランジェロ)、3回目のクリスマスになる今年もお便りが届きました埼玉県羽生市の某公園の中にある公衆トイレに、生後間もなく捨てられてた三毛天使ちゃん大人になった今でも、走ったり飛んだり、元気いっぱいだそう。元気に大きくなってくれて、本当に嬉しいです

IMG_1587.JPG

去年よりも、大人の顔になった気がします
IMG_1626.JPG

我が家で得意だったカーテンのぼりも、まだ現役なんだとか
IMG_9186.JPG

2017年12月27日

多頭飼育崩壊の子達の為に支援物資が届きました(12月分)

江戸川区で発生した多頭飼育崩壊の子達の為に届いた2017年12月分の支援物資を掲載しています

12/27:Amazonより無記名で、焼ささみが届きました
Amazon98.JPG

続きを読む

2017年12月24日

古本・懐かしもの屋『くまねこ堂』さん、ありがとう♪感謝♪

古今東西、様々な買取サイト・店舗がありますが、今日は、ねこねこ亭オススメの店舗『くまねこ堂』さんを御紹介させてください

とっても丁寧に査定してくだるのは、もちろんですが、くまねこ堂さんは、里親さんを探している動物たちのため、2010年6月から『ちょこっと猫の手募金』というのを続けていらっしゃいます。買取をした中から少しずつ募金を続けて、その総額は(2017年7月19現在)3,261,996円にもなるそうですすごいですねー

くまねこ堂さんの事は、以前、多頭飼育崩壊の猫たちに御寄付をいただいた(江戸川区の松本様)から、御紹介いただました。その際、松本様からも、くまねこ堂さんで買取っていただいた中から、御寄付をいただきました

猫さん繋がりで、今回、ボラミちゃんも買取をお願いして、多頭飼育崩壊の猫さん達について、ねこねこ亭とボラミちゃんの二人で頑張ってる事など色々お話したところ、なんとも嬉しいことにボラミちゃんの買取金の中から、多頭飼育崩壊の猫さん達にと、5,000円の御寄付をいただきました

後日、サイトの多頭飼育崩壊の詳細を読んでいただき、温かな応援メッセージとともに、追加で100,000円の御寄付をいただきました


埼玉・東京・千葉・茨城・神奈川を中心に出張買取に対応しています。高速道路の利用で2〜3時間程度(栃木・群馬・福島・長野・山梨)も、遠慮なくご相談ください。

宅配買取にも対応しています。

住所:東京都江東区南砂5-7-22 三光リビングビル1階
電話:フリーダイヤル:0120-54-4892(電話受付時間 10:00~23:00)
   買取専用:03-6666-3628 
   買取直通(携帯):090-4594-3901
   店舗TEL:03-6666-3627
   FAX:03-6666-3627
ホームページ:https://www.kumanekodou.com

P1020492.jpg
ねこねこ亭の招き猫コレクション、200体くらいあるかしら
熊本の実家に置きっぱなし

2017年12月22日

【祝☆正式譲渡】(13)ピノキオくん:男の子

6月9日からトライアル中だった『ピノキオくん』が、東京都江戸川区のK様に、12月22日正式譲渡となりましたぁK様には、5/27開催の譲渡会にて御申込みをいただきましたが、ペット可物件へ引越す前にも、私達の譲渡会へ足を運んでくださいました。ピノキオくんという名前を気に入ってくださり、名前はそのままになりました。普段は『ぴーちゃん』っと呼ばれているそうです

トライアル開始の日、ボラミちゃんと、K様と、ピノキオくんを囲んで
20171223230815.jpg

続きを読む

2017年12月21日

『ナルちゃん』が sippo(シッポ)で特集されました♪

2016年2月末、江戸川区平井で発生した多頭飼育崩壊の1匹『ナルちゃん』が特集されました

ナルちゃんは、里親さんが一生懸命ならしてくれて、多頭飼育崩壊から、ほぼ1年後、動物病院へ健康診断へ行く事ができるまでになりました。その時の健康診断で、心臓の弁に先天性の軽い異常が発覚しました。毎年の健康診断で様子をみていくそうです。里親さんからは、今後、大きな治療が必要になったとしても、ナルちゃんがいつまでも元気でいられるように、ちゃんと治療をしていくので安心してくださいと、お便りをいただきました



IMG_8803.jpg

ナルちゃんの家族達、まだまだ里親さんを募集しています
崩壊から2年近くが経ち、体の傷は癒えましたが、心の傷は深く、いまだ癒えずに残っている子も多いです。通常、大人猫のトライアル期間は1ヶ月ですが、崩壊の猫たちは、期間の制限を設けておりません。ゆっくりと家族になっていただける方を探しています。多頭飼育崩壊