賃貸や女性の方でも手軽に作れる脱走防止柵の作り方♪
dot_fff.jpg
里親になる前に、そしてもう里親になった方にも読んで欲しい、大切なお話です☆
dot_fff.jpg
『かず&ピクシーくん』が sippo(シッポ)で特集されました♪
dot_fff.jpg
『たまちゃん』が sippo(シッポ)で特集されました♪
dot_fff.jpg
『ナルちゃん』が sippo(シッポ)で特集されました♪
dot_fff.jpg

2018年06月01日

譲渡会開催中♪多頭飼育崩壊した猫たちの里親さん募集中!

nekonekotei_kappa_all.png

次回の譲渡会は、現在調整中です

※ひとり暮しの方(非喫煙者限定)も、お申し込みオッケーです多頭飼育崩壊の猫達は、高齢の男性に長年虐待されながら育ちました。その為、人間をとても怖がります。大勢の家族よりも、一人暮らしの女性の方と、じっくり向き合っていただく方が馴れやすいです。


里親さんが決まっていない多頭飼育崩壊の猫ちゃん達
新しい写真が先頭です。古い写真が、下にあります。保護した頃に比べて、見違えるような顔になった猫ちゃん達を、どうぞみてください

譲渡に関しての条件・費用・手順など、こちらにまとめております。
お問い合わせ前に、必ずお読みくださいませ。
【譲渡に関しての条件・費用・手順について】
(上記から条件が読めない場合は、こちらのリンクからご確認ください。)
お問い合わせは、ねこねこ亭(nekonekotei@gmail.com)まで宜しくお願いします
お問い合わせの際には、上記メールアドレスからの受信を許可いただいた上で、メールの送信をお願い致します。

予約&トライアル中の猫ちゃん達

里親さんが決定した猫ちゃん達(正式譲渡になった順で掲載しています。)

多頭飼育崩壊のはじまりから、立入り後までをまとめています。

多頭飼育の犠牲になった子達の一覧です。不妊手術が終わった直後の写真です。最初は全く触れない子達だったのを、一生懸命ケアして、ここまできました。

ねこねこ亭が、ツイッターでつぶやいています 
ボラミちゃんが、インスタグラム(borami_nekonekotei)で写真投稿してます

続きを読む

2018年05月22日

はるちゃん&はなちゃんから~お便りが届きました☆

やっと、2年にも及んだ空家通いが終わって、多頭飼育崩壊の猫さん達が落ち着いてきましたまだトライアル中の子も沢山いるし、里親さんが決まっていない子もいますが、現場に立ち入った日の事を思うと、こんな穏やかな日が過ごせているのは、夢のようです
 
今日は、今年も届いた『はるちゃん』&『はなちゃん』からのお便りを紹介したいと思います募集時の名前は、金ちゃん&銀ちゃんですよっ。
image002.jpg
可愛いねぇ
image004.jpg

金ちゃん&銀ちゃんなんて名前ーって思われるかもしれませんが(笑)保護した当時、あまりにも小さかった2匹に、無事に育って大きくなってくれるよう、長寿を願ってつけた(仮)の名前でした
image020.jpg
そんな『はるちゃん』と『はなちゃん』からも
いち早く多頭飼育崩壊の子達に支援を頂きました
image006.jpg

はるちゃん、はなちゃん、その節は、本当にありがとうにゃー
image022.jpg

image021.jpg

今年6才になった『はるちゃん』と『はなちゃん』は、健康診断の結果も良好で元気に過ごしているそうです毎年、届くお便りが、いつも本当に楽しみです
image024.jpg

これからも健やかな毎日を過ごせるように願っています
image023.jpg

2018年05月21日

麻呂くんの病気:心臓(肥大型心筋症)お薬を少し試してみます

先週、精密検査に出していたエリスロポエチンの検査結果を聞きに行ってきました

麻呂くんは、ストレスが掛からないように、家でお留守番でしたー DSC08193.jpg 

結果は、ちょっと高めではあるけれど、標準値の範囲内で問題ありませんでした

肥大型心筋症については、先生からは、まだ薬を飲んでも飲まなくても良いレベルだと言われましたが、ダルそうにしている麻呂くんが少し楽になるのであれば・・・という事で、少しだけ薬を試してみる事にしました。

アーチスト錠1.25mgの1/4を1日1回飲みます

それと、1分間の心拍数が230で高かったので(正常値が、120〜180)当面の目標を、200を下回るくらいに出来たらいいねと言われました。もし自宅に聴診器があれば、病院だと興奮して若干高めになるので、普段の心拍数を聞いてみると良いよーとの事。
 
で、じゃじゃーん!あるんですよ、うち、聴診器彼が20年前に大阪で買ったと言ってました。これで普段から心拍数を聞いてみたいと思っています

DSC08195.jpg

薬は、10日間飲んでみて、副作用がでなければ継続します。
その後は、2〜3ヶ月くらいのペースで検査をしていくことになりました

肥大型心筋症と診断された麻呂くんですが、発見がかなり早かったみたいです よくあるのが、大きな音に驚いた後、足が麻痺したり、呼吸困難になったりして連れてくるケースだそうで、心臓で出来た血栓が、音に吃驚して、血管に流れ出して詰まって、その時、初めて病気に気が付くパターンなんだとか。大きな音には、気をつけようね

で、肝心の発作についてですが、脳以外で原因かも?と考えられるのは、消去法で検査していった結果、心臓だけ。脳腫瘍の可能性は捨てきれませんが、たとえば腫瘍があったとして、検査費用とか、手術費用とか、心臓に小型爆弾があるような状態での手術が果たして成功するかどうかのリスクを考えると、今、頻繁に発作が起きているわけではないので、この可能性は保留にしました

今日は、気になっていた事を質問してきました

麻呂くんは、ほとんどオヤツを食べなくて、朝一番の人間用の鰹節1パック(2.5g)が唯一の楽しみでしたが、肥大型心筋症と診断されてから、中止していました。
 
鰹節の成分
・カロリー:8.1Kcal
・塩分:0.03g
・ナトリウム:11.8mg
 
お薬を飲むとなると、鰹節をまぶしてあげるのが楽なので、食べて良いか聞いてみたところでました

鰹節とか、煮干し(人間用ので、塩分と保存料が無添加の物をあげています)とか、食べちゃだめー!という人もいるけれど、ぶっちゃけどっちなんだろう?と悩むところ。
 
で、こんな記事がありました

https://www.konekono-heya.com/news/2017/may/22.html

『猫の年齢にかかわらず、ナトリウムの1日当たり上限値は、3.1mg/kcalを推奨している』
 
そうです。
 
カロリー当りのナトリウム量なので
1日に400Kcal食べる猫ちゃんだと
ナトリウム目安:3.1mg×400kcal=1240mg
塩分に換算すると:1240mg×2.54/1000=3.1496g となります。
 
麻呂くんの体重が6.7Kgなので
たとえば、メディファス7歳から下部尿路ケアだと
1日に食べる量の目安が、95g(351.5Kcal)
ナトリウム目安:3.1mg×351.5kcal=1089.65mg
塩分に換算すると:1089.65mg×2.54/1000=2.767711g≒2.76g

実際のフードのナトリウム量は、0.6%と書いてあるので
ナトリウム量:95g×0.6%=0.57g=570mg
塩分に換算すると:570mg×2.54/1000=1.4478g となります。
 
で、元に戻って、麻呂くんが人生で唯一楽しみにしている鰹節2.5gですが(笑)ナトリウムだと11.8mg、塩分だと0.03gということで、フードで摂取している塩分量に加算したとしても、問題ないでしょうーという感じになりますぶっちゃけ、別のフードだと、塩分量がもっと高かったり、低かったりするので、誤差の範囲かなとも思うのです。
 
今のところ我が家のカリカリは、ロイヤルカナン、メディファス、サイエンスダイエットの色々な種類をミックスであげています。年齢層も様々なので、偏りが出ないようにミックスしての置き餌です。食べるオヤツも、パウチだったり、ジャーキーだったり、個体によって様々唯一、麻呂くんだけが、鰹節オンリーオヤツだったので、他の子達の食生活に比べても、塩分の摂取量は低いはずなので、鰹節程度なら問題ないですねー

で、もう1点。麻呂くんの体重を落とした方が良いのかどうか、質問してみました

2012.9.20の体重が、5.15Kg
2018.4.24の体重が、6.7Kg
 
5年とちょっとで、ちと太った感がありました。
でも、今のところ現状維持で大丈夫とのこと。
フードもそのままで問題ないそうです。

心臓に負担がかかっている状態なので、逆に急にダイエットしたり、増やしたりしてはなんだとか。もしダイエットさせる場合でも、通常のダイエットよりも更に慎重に慎重にやってくださいと言われました。
 
うーん・・・ダイエットについては怖いので、7匹全員の猫ドックの結果が出てから考える事にします
by ねこねこ亭 at 23:00| Comment(0) | 我が家の猫ちゃん | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

茉莉ちゃんのハゲ

2年前に発生した多頭飼育崩壊で忙しくなった頃から、茉莉(ジャスミン)ちゃんの下半身の毛が薄くなってきましたいつも毛を舐めているので、ハゲるのは当然かなとは思っていましたが、ストレスハゲにしても、ここ3ヶ月前くらいからは、肛門の周りまで薄くなっていて、明らかに変な猫状態

空家組が解散になって、家にいる時間が増えたので、ブラッシングをこまめにしてあげたり、舐め過ぎだなと思う時は、よしよししてあげたりして、少し産毛が生えてきましたが、なんかモヤモヤしていたので、麻呂くんと一緒に病院へいきました。

毛が薄くなった足の内側
DSC08162.jpg

結果、ワクチンアレルギーを持っている茉莉ちゃんの場合、皮膚病などの疾患になりやすい事も多いとの事。好酸球肉芽腫症候群(肉芽腫)の可能性もあるとのことでした。

ただ、私と一緒にいれる時間が増えた事などで、ストレスが原因であれば、このまま治る可能性もあるので、今日から2ヶ月間様子をみて、2ヶ月後の状態で、薬を飲むかどうか考えましょうという事になりました。

今のところ、皮膚がただれたりするような肉芽腫の典型的な症状はどこもなくて、脱毛の症状だけです。

DSC08157.jpg

他の子達も放置ぎみだったので、なんか心配6月に2匹(ルークくんとサーヤちゃん)の猫ドックの予約を入れてきました。ティファニーくん、マイケルくんも、みんな順番に受けます。

ルークくんは、先日、大あくびした時に口の中を見ていたら、奥歯の奥側に大きな歯石がついていたので、猫ドックで健康状態をみてもらった後に、歯石取りの予約(軽く全身麻酔をされてから歯石を取ります)を入れる事になりました。

なんせ猫の数が多いので、猫ドックと歯石取りを一緒にできるか?聞いてみたところ、万が一、悪いところがあったら、歯石取りどころじゃないのと、ドックの診察に加えて歯石取りともなると、さらに疲れがたまって、麻酔の覚めが悪くなったりするので、猫ドックと一緒にはしない方が良いですよとの事でした急がば回れって事ですね
by ねこねこ亭 at 19:04| Comment(0) | 我が家の猫ちゃん | 更新情報をチェックする

麻呂くんの病気:心臓(肥大型心筋症)と腎臓(変異)


前回、発作の原因が、多血症か脳腫瘍の可能性があると指摘されてから、発作は起きていません。そんな麻呂くん、多血症の原因がどこから来ているか探るべく、心臓や腹部のエコー、レントゲンなど、詳しい検査を受けました。

DSC08158.jpg

結果、肥大型心筋症と、両方の腎臓の細胞が全体的に変異している(細胞を取り出して検査しないと不明)という事がわかりました。

心臓の方は、1分間の心拍数が230でかなり高く(正常値が、120〜180)、たとえるならば、常に50m走を走っているような状態との事。なので、いつも疲れてダルい状態なんだそうです。肥大型心筋症は、心筋が厚く肥大している病気で、ポンプの役割をしている心臓が、一生懸命にポンプを押しても、なかなか押せなくなり、体全体に酸素を上手く届けられていない状態が発生しています。これが、麻呂くんの多血症の原因になってるかもしれないとの事でした。

とりあえず、外部機関にエリスロポエチンを含めたより詳しい血液検査を依頼したので、1週間後に結果を聞きに行ってきます。その結果を持って、心臓の薬を処方いただく事になりましたが、肥大型心筋症は、治る病気ではないので、薬を飲みながら定期検査を受け、薬の量を調節しながら一生付き合っていく事になりました。

肥大型心筋症でなりやすい、肺水腫や胸水が溜まったりはありませんでした。

腎臓の方は、数値自体は正常値の範囲内とのことで、このまま様子をみていきます。

最近、壁に向かって悟りをひらいているように眠っている事が多くなったなーと感じていたのですが、年のせいではなく、疲れからそうしていたみたいです

にしても、食欲もあるし、(去勢してるのに)よく外の猫に「あほーん♪」とかムラムラ鳴いているし、発作も家にいなかったら気が付かなかったかなーくらいの物だったし、これって見逃す飼い主さん多いんじゃないかなーと思うのです。麻呂くんが、早期発見できたケースなのかは分かりませんが、肥大型心筋症は、突然死なんてケースもあるそうなので、他の子たちも注意していきたいと思います。
by ねこねこ亭 at 18:39| Comment(0) | 我が家の猫ちゃん | 更新情報をチェックする